ウェディングシューズ選びは結婚式のその後を踏まえて色や形を選ぼう!おすすめカラーを紹介

ウェディングシューズの色は白とは限りません。日本ではレンタルで済ます方も多いのですが、海外の花嫁はウェディングドレスと同じぐらい思いを込めてシューズを選ぶことがほとんどで、色のチョイスも個性溢れた色選びを行っています。日本でもウェディングシューズを購入する人が増えていますが、購入したウェディングシューズは結婚式のその後はどのような使い方や、利用方法があるのでしょうか。

この記事のINDEX

ウェディングシューズは結婚式のその後はどうする?

ウェディングシューズは結婚式のその後

iStoc / Maryviolet

ウエディングシューズはもともと欧米の文化で結婚式で新郎新婦が列席者の前で踊るファーストダンスのためのシューズであり、欧米の花嫁たちはウエディングドレスと同じくらいこだわりを持って『運命の一足』として探し求めるアイテムでもあります。結婚式のその後も記念のウェディングアイテムとして、大切に保管するものとされていました。大切に保管する人の中には、自分の娘とサイズが合えば、おさがりとして娘の結婚式に譲る方もいます。

ウェディングアイテムとして大切に保管する

ウェディングシューズは結婚の記念の品として、ベールや手袋とともに大切に保管する人も多くいます。一生に一度だけ、人生で一番幸せな時に履いたシューズとして、その品を見れば結婚式のことを思い出せる思い出のアイテムになるでしょう。

フォーマルな場やパーティ用の特別な場でのシューズとして使用する

憧れのハイブランドシューズや、長く使える仕立てのよいシューズを選ぶことで、今後の結婚式のお呼ばれや、ちょっとしたパーティなどフォーマルな場に招かれた際に着用すシューズとして、末永く着用することが可能です。
花嫁があこがれるウェディングシューズのブランドについては、こちらをご覧ください。

「運命の一足」ウェディングシューズはどこで買う?花嫁の憧れブランドをハイブランドからプチプラブランドまで全網羅

普段使いもできる履きやすいローヒール、フラットシューズを選ぶ

歩きやすさや履きやすさ、普段使いできる方向性を重視して、フラットシューズやローヒールパンプスを選ぶ花嫁も急増中です。低いヒールの靴がトレンドを席巻しつつあり、ハイブランドやデザイナーズブランドもラインナップを多く出しています。
また最近ではリゾート、ガーデン、レストランなど挙式スタイルが多様化していることで、ドレスの選び方も変わり、ウエディングシューズもパンプスに限らずミュールやバレエシューズといった普段使いの靴をブライダルシューズにすることもあります。
歩きやすく履きやすいウェディングシューズの選び方や、ウェディングシューズとして人気のローヒール、フラットシューズのブランドについては、詳しくはこちらをご覧ください。

歩きやすい、痛くない、人気のウェディングシューズとは?フラット、ローヒール、ヒールが高くても歩きやすい花嫁の靴を紹介

カラーシューズやグリッターシューズはデニムコーデなどカジュアルに合わせる

ウエディングシューズの定番色といえば白を選ぶことが多いのですが、白は汚れや季節が気になって、普段使いしづらい…という方には、カラーシューズやグリッターシューズなどのチョイスもおすすめです。欧米では定番のサムシングブルーの言い伝えで青を選ぶ方も多いのですが、フォーマルの最上級色である黒、情熱的な赤、明るくなるオレンジなど、現在ではさまざまなカラーシューズをウェディングシューズとして選ぶ方も多いようです。
カラーシューズはフォーマルウェアやパーティドレスだけでなく、デニムなどトレンド要素満載のおしゃれコーデにも使いやすいという特徴があります。

お下がりとして他の花嫁にSNSやフリマアプリでお譲りする

結婚式でウェディングシューズを使用した後に、SNSやフリマアプリで、「お譲り」として有料または無料で譲る花嫁も急増中です。現在では結婚式だけでなく、前撮りや後撮り、リゾート地でのフォトウェディング用などで、本番用とは別に安価で可愛いウェディングシューズを探している方も多くいます。取引で人気なのは、やはり定番の白やシルバーなどのグリッターカラー。また、ウェディングシューズ専門ブランドや花嫁に人気のハイブランドなどを中心に探している人が多いため、結婚式のその後にお譲りを考えているなら、定番のウェディングシューズを選んだほうがいいでしょう。

ウェディングシューズの色選びは?黒、赤、ブルーなどカラーシューズの選び方

ウェディングシューズの色選びは?黒、赤、ブルーなど

iStoc / labelled

ウェディングシューズをイメージする際、色は白を思い浮かべる方も多いでしょう。
ドレスとのコーディネートを考えた際に、白が合わせやすいという理由が一番多いのでしょうが、最近ではアクセサリーに合わせてゴールドやシルバーのグリッターシューズを選んだり、ブーケや花冠に合わせ赤やピンクの刺し色にしたり…と選び方も自由になってきました。また、カラーシューズは白に比べ、カジュアルな装いにも比較的合わせやすいという傾向もあります。お気に入りのカラーのウェディングシューズで、結婚式の装いをコーデしてみましょう。

ウェディングシューズの定番カラーは白、ベージュ

@benir_weddingshoes / Instagram

一般的にはウェディングドレスは白やきなりの白に近いベージュであることが多いため、ドレスに合わせた色にする花嫁が多くいます。白やベージュでもエナメルのように光沢感のあるものや、クロスを使ったシューズ、レース使いのシューズなど、素材やデザインによって見え方もさまざまです。

サムシングブルー由来の青いウェディングシューズも人気

@emmylondonofficial / Instagram

青は花嫁にとって特別なカラーです。「サムシングブルー」というヨーロッパの古いおまじないからの言い伝えで、青いのものを身につけると幸せになれると言われています。サムシングブルーは見えないところに身につけることがポイントなので、ドレスの中のウエディングシューズで青を選ぶ花嫁も多くいます。

フォーマル用パンプスとして黒なら一生ものに

ウェディングシューズに黒は縁起が悪いのでは?と考える花嫁もいますが、黒はフォーマルな場では一番格が高い色であり、現在では特に気にすることもなく選ぶ花嫁が多いようです。結婚式のその後にパーティ用の服装だけでなく、デイリーやカジュアルな服装にも使用できる「何でも合わせやすい」カラーのシューズとも言えます。

情熱的な赤は大人花嫁に大人気カラー

赤はウエディングドレスとのコントラストが美しく、とても女性らしく足元がファッショナブルに見え、存在感があるカラーです。ハイヒールであれば大人っぽい優雅な印象になり、ローヒールやフラットシューズならポップでガーリーな雰囲気に。

シルバー・ゴールドなどグリッターシューズは足元に華やぎをプラス

@benir_weddingshoes / Instagram

シルバーカラーは知的でクールな印象に。ゴールドは大人でグラマラスな足元に演出できます。ティアラやネックレスなどのアクセサリーの地の色とカラーを統一すると、コーディネートしやすいでしょう。

グリーンは知的で個性ある印象に

@emmylondonofficial / Instagram

海外ではドレスやシューズで人気のグリーンカラーですが、日本で選ばれることはまだまれ。そのため、他の花嫁とは違った個性や着こなしを取り入れることができるでしょう。グリーンが映えるナチュラルな装花や、ガーデンウェディングなどで取り入れても素敵です。

パープル

高貴な色としても知られるパープル。白いドレスと合わせると上品な印象になります。深いパープルを選べば大人シックなコーディネートに、柔らかいラベンダーカラーなら清楚なイメージになります。

ピンク、オレンジ

可愛らしくポップなピンクやオレンジのウェディングシューズも花嫁に人気です。特にピンクは白との相性もよく、女性らしく明るい、華やいだ足元に。ピンクやオレンジのブーケや小物と合わせればグッと明るさが増すでしょう。

まとめ

ウェディングシューズを購入するなら結婚式のその後を踏まえて色や形を選ぼう

ウェディングシューズを購入する場合は、結婚式のその後にどうするかを考えた上で、自分が本当に気に入った「運命の一足」を選べば後悔がないでしょう。現在では、後々にお譲りも考えて、定番のウェディングシューズを購入する人や、気に入ったシューズを長く履きたいと憧れのブランドやカラーシューズを購入する人もいます。ぜひ、後悔のない運命の一足選びの参考にしてくださいね。

関連する式場

THE SURF OCEAN TERRACE

海と自然が祝福するシーサイドウエディング

宮城県の結婚式場 けやき坂 彩桜邸 シーズンズテラス

けやき坂 彩桜邸 シーズンズテラス

四季のパノラマビューが彩る 贅沢なおもてなしウエディング

ザ・ミーツ マリーナテラス

ザ・ミーツ マリーナテラス

空と水が彩る心地よい一日 心を解き放つウエディングリゾート

宇都宮の結婚式場ヒルズスィーツ宇都宮ブリーズテラス

ヒルズスィーツ宇都宮ブリーズテラス

青空に祝福される 至福のリゾートウエディング

この記事のライター

結婚式準備.com編集部

結婚式準備.com編集部です。結婚式の準備で悩むプレ花嫁を応援する記事を書いていきます。

関連する記事

Browsing History閲覧履歴

閲覧履歴はありません