結婚したら新居にお引越し!どんな家具や電化製品を買えばいい?

結婚したら、2人で住む家に引っ越します。新居がきまり、引っ越しの目途がついたら、そろそろ新生活に必要なものの購入を検討し始めましょう。すてきなインテリアや便利な家電と夢は広がりますが、無駄遣いしてしまうのは避けたいところ。新生活に必要なものを吟味することが必要です。新居を快適にするために、どんな物を購入すれば失敗が少ないか、分かりやすくまとめました。

この記事のINDEX

新生活に必要なものとは

家具

Free1970 – stock.adobe.com

新居に引っ越してから「あ!あれが無い!これも無い!今から買いに行かなくちゃ」ということが起こると大変です。スムーズに新婚生活が始められるように、一般的に必要なものを見ていきましょう。

生活必需品

生活必需品は、2人の生活に必要な日用品のことです。

  • シャンプーやボディソープなどのお風呂用品
  • 鍋や包丁、ふきん、食器用洗剤、ハンドソープなどのキッチン用品
  • トイレブラシ、トイレマット、トイレットペーパーなどのトイレ用品
  • 雑巾、モップなどの掃除用品
  • シーツなどのリネン類
  • 歯ブラシ、ヘアブラシなどの衛生用品
  • バスタオルやフェイスタオルなどのタオル類
  • カーテン
  • 照明

などが挙げられます。

忘れがちなのがカーテンと照明です。カーテンが無いと家の中が丸見えになってしまいますし、照明が無いと夜になると真っ暗になってしまいます。カーテンと照明だけは予め購入しておきましょう。

家具

家具は、2人が生活する上で家の中に備えておく道具全般のことです。

  • ベッド(もしくは布団)
  • 本棚
  • 食器棚
  • テレビ台
  • ソファ
  • テーブルと椅子

などが挙げられます。ソファや本棚は、別に引っ越し当日に無くてもそこまで困りませんが、ベッド(もしくは布団)や食器棚は必要です。寝具が無いと寝られませんし、食器棚が無いと食器やキッチン用品の収納に困ります。

電化製品

生活を便利で快適にする家庭用の電化製品は最低限は揃えておきましょう。

  • 冷蔵庫
  • 電子レンジ
  • 炊飯器
  • エアコン
  • 掃除機
  • 洗濯機

この中でも、引っ越し初日から必要なものはエアコンと掃除機です。真冬や真夏の引っ越しではエアコンが無いと不便でしょう。掃除機は、「ちょっとここの埃を取ってから家具を置きたい」といった場合に便利です。

失敗しない!引っ越し前にできる準備とは

間取り図

akiyoko – stock.adobe.com

「よし!全部揃えてから引っ越しするぞ!」と思って、何も考えずにあれこれ購入しておくと、引っ越し後に「あれ?こんなはずではなかった」と後悔するケースもあります。ここでは失敗しないポイントをお伝えします。

新居の間取りに合わせた家具を買う

ベッドや食器棚、大型のチェスト(タンス)、テレビ台、ダイニングテーブルセットなど、ある程度の大きさのあるものは、新居の間取りと広さを十分考慮した上で購入しましょう。
 
広いインテリアショップで見ると小さく見えた家具も、実際に一般家庭に置くと大き過ぎる、ということはよくあります。「勢いで購入したけど、思ったよりも大き過ぎて入らなかった」ということが無いように大きさはしっかり確認するのがおすすめです。
 
また、「かわいいカーテンを買ったけど、窓に取り付けたらサイズが合わない」ということもよくあります。このような事態を防ぐために、窓のサイズの確認も忘れないようにしましょう。

将来を見越したものを検討する

今は2人暮らしですが、数年後は家族の人数が変わっているかもしれません。例えば、近い将来子どもが欲しいなら、ベッドは買わずに布団にする、大きめの冷蔵庫にするなど、ある程度将来を見越して買い物をするのがおすすめです。
 
2人暮らし用の小さなサイズを選ぶよりも、ある程度ファミリー向けのものにした方が、子どもができたときに便利です。

インテリアの方向性を相談しておく

男性女性それぞれが「素敵」と思ったものを購入していくと、カラーやテイストがバラバラになってしまうこともあります。ある程度インテリアやカラーの方向性を合わせておくと良いでしょう。

できるだけ節約したいときには

カップル

deagreez – stock.adobe.com

子どものことや、2人の将来のことを考えると無駄な出費は避けたいところです。「できるだけお金を節約したい」という堅実なカップルのために、おすすめの方法を紹介します。

一人暮らしをしていたときのものを使う

お互い独身時代に使っていたものをそのまま使用すれば節約になります。例えば、テレビやテレビ台、洗濯機やエアコンなどはそのまま使っても不便は無いでしょう。
 
「大きい方がいい」と思いがちな冷蔵庫なども、子どもが生まれるまでは独身時代のものを使って、子どもが生まれてから大きなものに買い替えるという方法もあります。

迷ったら新生活が始まってから考える

例えば、おしゃれな間接照明やプリンター、趣味のインテリアグッズなど「欲しいけど本当に必要?」と迷うようなものもあります。その場合は、新生活が始まってから考えるのも良いでしょう。しばらく生活してみて「やっぱり必要!」と思ったものだけ購入すればムダが省けます。

必需品リストを作って優先順位を決める

「あれもこれも欲しい!」と全て購入してしまってはお金がいくらあっても足りません。欲しいものリストを作り、優先順位が高いものから購入しましょう。
 
例えば「エアコン」「テレビ」「間接照明」の3つが欲しいと仮定します。この3つの中で絶対に必要なものは「エアコン」です。人にもよりますが、一般的にエアコンの次に必要なものは「間接照明」よりは「テレビ」でしょう。
 
まずはエアコンの購入金額を考え、予算が余りそうなら予算に応じたテレビを検討し、それでも予算が余れば間接照明を購入します。予算が無ければ今回は間接照明の購入は見送り、次回のボーナスのときなどお金に余裕があるときに購入します。

まとめ

本当に必要なものを賢く購入して素敵な新生活を始めよう

新生活に必要なものはキッチン用品やバス用品などの生活必需品や、ベッドや食器棚などの家具、掃除機や冷蔵庫などの家電になります。
 
購入前には、新居の間取りや広さ、窓のサイズなどを測ってから家具や家電、カーテンなどを購入するようにしましょう。むやみに買わずに、欲しいものに優先順位をつけて、本当に必要なものを購入すればムダ遣いを防ぐことができます。
 
賢く購入して将来に備えるとともに、楽しい新婚生活を始めましょう。

関連する式場

関連する式場はありません

この記事のライター

結婚式準備.com編集部

結婚式準備.com編集部です。結婚式の準備で悩むプレ花嫁を応援する記事を書いていきます。

関連する記事

関連する記事はありません

Browsing History閲覧履歴

閲覧履歴はありません