ウェディングドレス購入のメリットは?購入ドレスの種類とおすすめドレスショップ

憧れのウェディングドレスの購入を考えている方、レンタルと購入どちらにしよう…と悩んでいる方のために、購入するメリット、購入ドレスの種類、おすすめのドレス販売ショップをご紹介します。 オーダーメイドで購入するドレスに憧れるけれど、高そうで手に出せない…とはじめから諦めかけている花嫁さん必見!ドレスの種類や着用回数によっては購入した方が費用を抑えられることもあるので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事のINDEX

レンタルにはない、購入ドレスのメリットとは?

ウェディングドレスの手配方法は、購入とレンタルの2種類です。今回はウェディングドレス購入のメリットをご紹介します。購入すると、どんな良いコトがあるのでしょうか?

メリットその1 新品を着ることができる

レンタルでは他の花嫁も使用したドレスを着ることがほとんどですが、購入する場合はオーダーメイドなので、誰も袖を通していない新しいドレスを着れるという魅力があります。

メリットその2 ジャストサイズに仕立ててもらえる

購入した場合は自分にぴったりのサイズに仕立ててもらえます。ぴったり合ったサイズのドレスは、ヒールでドレスの長さを調整する必要がなく、胸元とウエストもぴったりでバランスも良く、見栄えが美しくなるのが魅力です。
レンタルショップに置かれているドレスのサイズがなかなか合わないという方は、オーダーメイドで自分サイズに仕立ててもらうことが、ドレスを美しく見せる第一歩と言えるでしょう。
オーダーメイドドレスの購入の平均費用相場は32.5万円となっており、レンタルの平均費用27.6万円と数万円ほどしか変わらないと出ています。
セミオーダーとフルオーダーでも値段は変わってきますが、選ぶドレスによってレンタルとさほど変わらない予算で購入することも可能です。
ただ、購入の場合、結婚式場によって持ち込み料が必要なこともあるので、事前に確認する必要があります。

メリットその3 何度も着れる

レンタルの場合、何度もドレスを借りるその度に費用がかかります。購入したドレスならいつでも何回でも着れるのがメリットになります。
特に海外挙式を終えた後に日本で披露宴や帰国後パーティーを行う場合や、結婚式の前に前撮りやフォトウェディングをしたいと考えている方は、オーダードレスを購入する方法を選んでいます。
何度もドレスを着る場合は、レンタルよりも費用を安く抑えられることからドレスの購入を決める方が多いようです。

ウェディングドレス3つの購入方法

ウェディングドレスを購入をすると決めたら、購入方法を決めましょう。それぞれ費用感も異なってくるので、予算と相談しながら決めたいところです。

既製品(セル)

最も安く買えるのが「既製品(セル商品)」です。
すでに出来上がっているドレスで、店舗での販売やインターネット通販でも注文できるほど簡単に入手できます。
中には5万円以下のドレスも多く見かけられ、格安商品もあり、結婚式の全体的な予算をなるべく抑えたいカップルなら迷わず選びたいところです。
既製品を購入するのであれば、販売元が信頼できるショップのドレスを選ぶことをおすすめします。

フルオーダー(オーダーメイド)

「フルオーダー(オーダーメイド)」とは名前の通り一から作ってもらう方法です。
プロのデザイナーに依頼するため、安いものなら35万円程度から、高くなると100万円を超えることもあります。
ウェディングドレスにこだわりたい方、憧れのドレススタイルがある方におすすめです。

セミオーダー

「セミオーダー」は、ある程度ドレスの形が出来上がっていて、部分的にデザインを付け加えたり、サイズを自分用に仕立ててもらう方法です。
一から作るフルオーダーに比べると型がある分、相場は低く、20万円~30万円くらいででき、誰にも着られていない新品マイサイズのドレスを手に入れられます。
特に海外挙式と国内パーティをおこなう方はレンタルもセミオーダーも費用に差がない場合が多く、それなら自分用にセミオーダーを作るという方が多いようです。

購入する場合のドレス選びはいつから始める?

購入ドレスの検討期間

挙式の半年前までに、どんなドレスが着たいかいくつかピックアップして、そのドレスショップに試着の予約をとりましょう。
大体は8ヵ月~半年前に式場を決めることが多く、この時期に一緒に始めるのが良いとされています。
遅くても4ヵ月前にはドレス選びを始めていかないと、他の準備が忙しくなり、ゆっくりと決めることができなくなってしまいます。また、制作期間も商品や店によって違いがあり、どうしても着たいドレスが当日間に合わなく、断念しなくてはいけないということもありえます。
フルオーダーの場合、デザイナーさんとの何度も打ち合せを行い、体型に合うサイズにするために何度かショップへ足を運び仮縫いを繰り返していくため、なるべく早めに行動すると安心です。

購入前に確認すること

ウェディングドレスの購入

式場提携のドレスショップ以外のショップで購入する場合、そもそもドレスの持ち込みができるのか、持ち込み料がいくらかかるのかをプランナーに確認しましょう。
持ち込み料は平均で「5万円~10万円」と設定されていることが多いようです。

購入・オーダーできるドレスショップ3選

ドレスショップ

「既製品」「フルオーダー」「セミオーダー」のどちらにするか決まったら、早速ドレスショップ選びを始めましょう。たくさんのドレスショップがありますから、楽しみながら選びたいところです。
そこで、4つのおすすめのショップを取り上げてご紹介します。

bittersweet(ビタースウィート)

格安ドレスを購入できる「bittersweet(ビタースウィート)」は、大手通販サイトにも出店している、人気のオンラインドレスショップであり、実際に店舗で購入をすることもできるドレスショップです。
 
リーズナブルな価格でありながら、王道のデザインからトレンドデザインまで揃っています。
セミオーダーの製品はプラスの費用で作成できるのでリーズナブル。
節約しつつ、ドレスの購入を検討したい方はぜひ一度ショップに試着に行ってみてはいかがでしょうか。

bittersweet(ビタースウィート) 公式サイト:http://www.bittersweet.co.jp/

YNS WEDDING

@ynswedding / Instagram

オーダーメイドの依頼ができるドレスショップ「YNS WEDDING」は、東京・大阪・名古屋にサロンを展開する他、自宅でドレスの試着ができたり、公式オンライン通販でオーダーメイドのドレスを手に入れることもできる大注目のお店です。
 
ネットで注文したいけどドレスのサイズが合わない場合、肩幅やビスチェライン、バストにウエスト、総丈などの細かな部分を測り、メールやファックスで送信するだけで、そのサイズにあったドレスに仕立ててくれます。
忙しくてサロンまで通えない方でも、簡単にオーダーメイドのドレスを購入できるのは嬉しいですよね。
公式ホームページで様々なドレスのデザインが掲載されているので、ぜひチェックしてみてください。

YNS WEDDING 公式HP:https://www.yns-wedding.com/

アトリエアン

オーダーメイドにこだわりを持つ「アトリエアン」は、20年間の間に2万組以上の花嫁たちを送り出し、こだわり花嫁たちがオーダーするなココ!と言われるほど、口コミの評価も高い人気上昇中のドレスショップです。
 
全身のサイズを測り、ジャストサイズの理想の1着をリーズナブルな価格帯でオーダーできるのが魅力です。
ドレスは何着でも無料で試着できるので、購入を検討しているなら、試着だけでも行ってみてほしいショップです。

アトリエアン 公式HP:http://www.atelier-ange.com/

購入したときのドレスの保管方法

購入したウェディングドレス

自宅でのドレスの保管方法ですが、せっかくの素敵なドレスにシワや汚れがついたら台無しです。
ショップから箱入りで渡されたら、すぐに箱からドレスを出してハンガーで吊るしておくと、シワの癖がつかずに済みます。
ドレスの素材によって保管方法が違うこともあるため、ドレスショップのスタッフに確認しましょう。
 
また使用後は、すぐにクリーニングに出し長期保管できる状態にしましょう。
購入したドレスショップによってサービスでクリーニングと真空パックを依頼できる場合もあります。そういったアフターケアを利用すれば、汗や食べ物などのシミが残らずに、きれいな状態でドレスを保管できます。使用後のお手入れは必ず行いましょう。

まとめ

ドレスを何回も着る場合や自分に合ったサイズのドレス選びをしたい方は、ウェディングドレスの購入を検討することをおすすめします。既製品、セミオーダー、フルオーダーで値段の差が出るので、ドレスにかける予算を考えながら購入しましょう。ドレス購入のメリットは自分だけの新品が着用できること。新しいスタートとなる結婚式に着るウェディングドレスは真新しいものを!という花嫁はぜひドレスを購入してみてはいかがでしょうか。

関連する式場

ヒルトン小田原リゾート&スパ

広大な敷地に佇むハイクラスホテルで叶える、海・空・自然のパノラマが広がるリゾートウエディング

フェリーチェガーデン日比谷

フェリーチェガーデン日比谷

【緑×洋館×貸切】築100年以上の東京都指定有形文化財で外国映画のような本物のガーデンウエディングを。日比谷駅から徒歩1分、東京駅からはタクシーで3分の好アクセス。都会の真ん中にある自然のオアシス「日比谷公園」内に佇むガーデン&テント付一軒家をまるごと貸切!おしゃれなアットホームウエディングを叶えよう!

この記事のライター

結婚式準備.com編集部

結婚式準備.com編集部です。結婚式の準備で悩むプレ花嫁を応援する記事を書いていきます。

関連する記事

Browsing History閲覧履歴

閲覧履歴はありません