結婚式の装花の内訳と安く抑えるための節約術!

ウェディングブーケや挙式・披露宴の会場装花など、結婚式に欠かせない装花は、どうしてもお金がかかってしまうところです。豪華におしゃれにしたいけれど、出来るだけ低コストに抑えたいものですよね。この記事では装花料金に含まれている内容と相場を解説します。そして、安っぽくならずに華やかに見せる節約術をご紹介します。

この記事のINDEX

装花の内訳を知ろう

装花

結婚式を豪華に見せたい!そんなとき、会場の装花をたくさん使用し、ランクアップさせて、華やかにしていくことを考えると思います。ですが豪華に見せようと頑張り過ぎてしまうと、自然と装花の費用がかさんでしまいます。結婚式の装花の費用を上手に削り、上手くやりくりすることで、式後のハネムーンでは贅沢な旅を楽しめたり、新婚生活で少し余裕がでるかもしれません。そのためには、結婚式ではどんなところに装花が必要になるのかを知っておかなければ上手な節約にはつながりません。まず、装花の内訳と相場をしっかり抑えておきましょう。

結婚式の装花料金の相場

【結婚式全体の装花】
装花料金:18.8万円
【各装花の内容・内訳】
ブーケ:29000円(1個)/ 47000円(総額)
花嫁が持つブーケは挙式用と披露宴用の2つを用意するパターンが多いです。
受付:3000円~6000円
披露宴会場に入る前に受付をするスペース。受付を行う場所をお花で華やかにコーディネートします。
エントランス:2万円~3万円
式場に訪れたゲストが一番最初に目にするスペースです。ウェルカムボードや新郎新婦の思い出の写真と一緒にお花で装飾します。
チャペル:3万円~5万円
チャペルの扉、バージンロードの周りをお花でコーディネート。チャペルの雰囲気をさらに美しく彩ります。
メインテーブル:4万円~10万円
メインテーブルとは、披露宴で新郎新婦が座る席のこと。メインのテーブル(高砂)なので、会場の中で最も目立つ位置にセッティングし、華やかに花を装飾します。
ゲストテーブル:4000円~1万円ゲストテーブルとは、披露宴でゲストの方々が着席する席のこと。ゲストテーブルに花を装飾して、会場全体を華やかにします。
ウエディングケーキ:1万円~2万円
ウエディングケーキのテーブルまわりや、周辺に装花することで、ウェディングケーキがより一層豪華になります。
ケーキナイフ:2000円~4000円
ケーキナイフとは、新郎新婦が2人でケーキ入刀する際につかうナイフのこと。何輪か花を添える程度です。
メインキャンドル:1万円~2万円
メインキャンドルとは、新郎新婦がゲスト卓の火を灯すキャンドルサービスで、メインとなるキャンドルを点灯させる演出のこと。ウエディングケーキのように豪華に装飾することで会場の華やかさをアップさせます。
トーチ:2000円~4000円
キャンドルサービスで、火を灯すときに使うステッキのようなもの。ケーキナイフと同様、何輪か花を添えます。
新郎新婦のグラス:1000円~3000円
新郎新婦がつかうシャンパングラスにリボンとお花を組み合わせて装飾します。
司会者のマイク:1000円~3000円
司会者・MCがつかうマイクにお花を装飾するケースも多いです。
両親に送る花束:両家で1万円
両親に渡す花束は、主に両家の母親に渡すものです。父親の方は一輪のお花を胸に挿してあげます。

出展:リクルート ブライダル総研調べ

装花の見積もりをチェック際に確認するポイント

チェックリスト

花の持ち込みの可否

結婚式場によってはお花の持ち込みが出来るところと、出来ないところがあります。また、持ち込み料がかかるところと、一切料金を取らないところもあります。持ち込みが出来るのであれば、好きなお花屋さんやフラワーデザイナーさんにも装花を依頼した方が安く抑えられることもあるので、事前に担当プランナーに確認をしておきましょう。

見積りに記載されている金額でのお花の量(ボリューム)

ブライダルフェアや最初の打合せで受け取った見積もりでは、お花のボリュームを抑えた一番低い金額で見積もっていることが多いです。ホームページのような花のボリュームを期待してしまうと、実際に見たときに後悔してしまった新郎新婦も…。まずは一度提示された金額内でどのくらいの装花に仕上がるかを確認しましょう。あらかじめどれくらいのボリュームの装花にしたいのかを決めた上で、見積もり書をもらった方が今後スムーズに進みます。

最終的な花装場所の確認

見積もり書を受け取ったら、どの場所に装花をするのかをしっかりとチェックしておきましょう。場所によっては、もっとお花を取り入れたほうが良買ったり、お花の量を少し減らせそうな場所もあるかもしれませんので、場所のチェックは念入りにしたほうが良いです。

装花の基本の節約法とは

節約

装花料金を節約したいなら、まずは節約の基本を抑えておきましょう。
お花の種類にこだわらないお花の種類にこだわりすぎないこと基本。お花の種類を自分たちで決めてしまうと、その時期に安く仕入れられるはずのお花に気づかずに高い方のお花ばかり選んでしまっている可能性があります。また、季節の花を贅沢に使いすぎてしまうのも料金が跳ね上がってしまいます。どんなイメージにしたいかを伝えて、プロの方にお花の種類を提案してもらいましょう。
お花以外のアイテムを入れるお花の量を増やしてしまうと料金が上がってしまいます。お花と一緒にバルーンやオブジェなどのウェディングアイテムを組み合わせれば、華やかでおしゃれになり、ゲストに節約感を感じさせてしまう心配もありません。グリーン系を取り入れるお花だけでなく、葉っぱなどのグリーン系の花材を使ってボリューミーに仕上げることで、節約に繋がります。

節約方法1 ブーケ

ブーケ

ウエディングブーケを節約する場合、クラッチブーケなら他のブーケの形と比べてリーズナブルに抑えられます。手作りしたい方やDIYが趣味な方は、自分自身でオリジナルのブーケを作る方法も。造花のブーケあればレンタルできるところもあります。また、お色直し用ブーケを用意しなくても、お色直しとともにブーケにリボンを巻きつけて華やかさをアップさせたり、1つのブーケを少しアレンジするのもおすすめです。基本的にお花の種類は選びすぎず、季節ごとに仕入れやすい花を使いましょう。そして、ウエディングブーケの予算をあらかじめ決めて、最初の段階で担当者に伝えておくことで、予算オーバにならずに済みます。

ブーケの相場

【生花のブーケ】
平均25000円~50000円
【プリザーブドフラワーのブーケ】
平均20000円~35000円
【造花ブーケ(アートフラワー)の相場】
平均10000円~25000円
【レンタルの相場(造花)】
平均5000~10000円

節約方法2 挙式会場(チャペル)の装花

チャペル装花

チャペルの花装は、バージンロード側のゲスト席に飾り付けたり、チャペルの扉にアレンジメントを装飾したりします。チャペルが広々としたところであれば、自然と使うお花の量も増えるので費用も高くなります。チャペル花装の節約の場合、式の基本料金に含まれている場合が多いですが、念のため確認しておくと良いでしょう。チャペルの花装が別料金であった場合、生花などにこだわりがなければ、造花(アートフラワー)にしたり、元々飾ってある装花をそのまま使うことで、費用を抑えられます。

節約方法3 披露宴会場の装花

テーブル装花

披露宴会場は最も装花を使用する場所。お花の量も多く、費用も加算されやすいところ。最も金額がかかるメインテーブル(高砂)とゲストテーブルの装花の節約方法を詳しくご紹介します。

メインテーブルの節約方法

メインテーブル(高砂)にだけ豪華にしすぎず、会場全体のバランスをよく考えて決めるようにしましょう。お花と合わせてイニシャルオブジェや小物を使い、隙間を上手に埋めるように装飾してあげると節約にもなりますし、より個性的でオシャレな雰囲気に仕上がります。

ゲストテーブルの装花節約

ゲストテーブルの数が多いほど、装花の数も増えます。4~5人程度着席できる中サイズのテーブルよりも8人程着席できる大きめのテーブルを使用したり、長テーブルを使用して全体的に装花を散りばめるなど、テーブルの数を減らすことでコストを抑えることができます。メインテーブルと同じく、お花と一緒に小物を装飾する方法を使えば、お花をボリューミーにしなくても華やかさを演出することができます。ゲストテーブルの装花のデザインはメインテーブルの装花に合わせて、披露宴会場に統一感が出しましょう。

節約方法4 ケーキ・マイクなどアイテムの装花

ウェディングケーキ

ウエディングケーキ、メインキャンドル、司会者用のマイクなどの披露宴に使われるアイテムの装花を節約すると、装花料金を安く抑えることができます。

ウエディングケーキやメインキャンドルの節約方法

ウエディングケーキ:お花をたくさん使用するというよりは、花びらを散りばめたり、アイビーなどのグリーンを使用して飾り付けすると良いです。生花ではなく、造花でも十分綺麗に見えるので節約しやすいところでしょう。あえて装花を取り入れず、ウエディングケーキをとびっきり可愛く仕上げるのも一つの手です。
メインキャンドル:キャンドルサービスを行うならば、メインキャンドルに大ぶりの花1輪とリボンを結ぶぐらいでも十分華やかになります。

マイク、シャンパングラス、ケーキナイフなどの節約方法

司会者さんが持つマイクや新郎新婦が使うシャンパングラスやケーキナイフの装花は、他の装花と比べると金額的にはそんなに大きなものではありませんが、特にお花を取り入れなくても良いアイテムであり、あえて装飾しない新郎新婦が多いです。お花をどうしても入れていのであれば、ワンポイントとして大きな花を飾ったりすると良いでしょう。

まとめ

結婚式で使うお花はたくさんあります。装花料金に入っている内容と相場を知っておいた上で、装花決めをしていきましょう。そして本当に必要なものだけを選択すれば、節約に繋がります。抑えられる費用を抑えておくことで、演出や衣装などの他の費用まわしたり、ハネムーンの旅行代にまわしたりすることができるようになりますよ。

関連する式場

沖縄本島のアクアルーチェ・チャペル

アクアルーチェ・チャペル

澄んだ海に眠る真珠のように上質な輝きを放つチャペル

沖縄・本島 古宇利島 空と海の教会

古宇利島 空と海の教会

「幸せを運ぶ神の使い」とも言われる海亀をモチーフにした白亜のチャペル

この記事のライター

結婚式準備.com編集部

結婚式準備.com編集部です。結婚式の準備で悩むプレ花嫁を応援する記事を書いていきます。

関連する記事

Browsing History閲覧履歴

閲覧履歴はありません