結婚のお金が足りないときに考えたい、ブライダルローンとは?

一生に一度だからこそ満足のいく結婚式を挙げたい。ですが「自分たちの貯金だけでは足りない」「親からの援助は期待できない」などの事情で、やむをえず結婚式をしないカップルが増えています。 また結婚式だけでなく、婚約指輪や結婚指輪、新居の引越しなどの準備に必要なお金もあり、結婚にはまとまったお金が必要になってきます。そんなときに心強い『ブライダルローン』を結婚資金の調達方法の1つとして考えてみてはいかがですか?

この記事のINDEX

結婚式は何かとお金がかかって大変…

ブライダルローン

よぴんこ(yopinco) – stock.adobe.com

ふたりにとって夫婦としての門出の日であり、大切な記念日となる結婚式。しかし結婚式の費用は非常に高く、お金がかかるのは事実。
「結婚資金のお金が足りなくなってしまった」「結婚はしたけど、十分な貯蓄がないから満足いく式がきっとできないだろう」「ドレスをオーダメイドしたいけど予算がオーバーしてしまう」「自分たちの貯金が無かったり、親からの援助を期待できない」など、諦めていませんか?

そのような不安や悩みがあるカップルの方でも、満足いく結婚式が叶う「ブライダルローン」をご紹介します。

ブライダルローンとは

ブライダルローン

studiolaut – stock.adobe.com

ブライダルローンとは「結婚準備の資金を賄うため」のブライダルに特化したローンのこと。
結婚式をはじめ、ブライダルリング(婚約・結婚指輪)、新婚旅行などの結婚に関する費用であれば様々な目的に使うことができるサービスです。

大手銀行、クレジットカードなどの幅広い金融機関で取り扱っています。金利や返済方法に関しても条件が良いものも用意されているようです。安心な金利は固定金利の商品。返済金額の変動がなく、生活に負担がかからないものとなっています。また、ブライダルローンは女性でも借りやすいといわれています。

実際にどんな人が利用している?

  • 結婚式の演出やアイテムにこだわりすぎて、最終的に予算オーバーをしてしまった。
  • 急に結婚することになった、妊娠がわかった、家庭の事情など、急遽結婚式を挙げることになって十分な貯蓄がない。
  • 親の援助をあてにしたくない、受けられない。
  • 十分な貯蓄がないけど、結婚式や新婚旅行の夢を叶えたい。
  • 結婚式場や衣装の料金が前払い。

そんなときに結婚資金の調達方法の1つの手段として、このような事情や悩みを持つカップルにとって強い味方になります。

気になる限度額・金利・返済額について

ブライダルローン

tamayura39 – stock.adobe.com

いざブライダルローンを使用する前に、返済のシュミレーションをしましょう。

ブライダルローンの限度額は「約300~500万円」、金利は「約3%~15%前後」。毎月の返済額なども金融機関によって様々なため、事前に調べておくと安心です。
女性の場合ですと、結婚を機に会社を辞めて専業主婦になる人もいます。専業主婦でも借りれるローンなどがあるので、それらを利用すれば費用の確保ができます。専業主婦でも借りれるローンの限度額は勤務している方よりも低めに設定されていることが多く「約50万円」などが多いようです。
申し込みも簡単で提出する書類が少ない商品もあるようです。

ローンの返済は毎月1万円~の一定額を返すというのが一般的。余裕のある時期にはまとめて返済が出来るのかなど、自分たちの生活の状況に合わせて返済ができるか確認しましょう。また、結婚式を終えた後にゲストから頂いたご祝儀で返済する人も多くいます。

ブライダルローンの申し込み・融資までの流れ

ブライダルローン

Monster-Ztudio – stock.adobe.com

まず、金融機関の窓口にて事前審査の申し込みを。ブライダルローンの特徴である、何に資金を使うのかを確認するために「使途確認書類」の提出が求められます。
また、窓口だけでなくインターネットでの事前審査の申し込みを受け付けているところもあるので、各金融機関のホームページで確認を。

基本的な必要書類・物

  • ローン申込書
  • 本人確認(免許証・保険証)
  • 給与明細書
  • 住民票
  • 印鑑
  • 使途確認書類(予約票・見積書)

書類を提出したら本審査に入り、通過すれば融資を受けることができます。早いところで審査通過の翌日に振り込まれることもありますが、平均では「約2~3週間」かかるので余裕を持って申し込みに行きましょう。

ブライダルローンの審査のポイントって?

ブライダルローンの審査

metamorworks – stock.adobe.com

低金利が魅力のブライダルローン。金利の条件が非常に良いからこそ、審査が厳しくなるのは事実です。
申し込んだ金融機関が審査でチェックするポイントは主に2つ。

チェックポイント(1)年齢・年収・勤務年数

ローンに契約する方の年齢、年収、勤続年数をチェックされます。年齢に関してはほとんどの金融機関が「満20歳以上」であることが条件であり、年収に関しては「毎月安定した収入のある方のみ」「正社員のみ」「年収400万円以上の方のみ」など、それぞれの金融機関によって条件が異なります。
勤務年数に関しては「1年以上」「3年以上」などと指定されているところもあるので、事前に確認を。

チェックポイント(2)過去のローンの使用状況

契約者の過去のローンの使用状況は、金融機関が国指定の信用機関に登録されている個人情報を取り寄せて確認し、契約、返済、延滞などの現在の状況をチェックしていきます。

ブライダルローンの審査に落ちる人ってどんな人?

判断基準は金融機関によって異なりますが、ローン審査で落とされる可能性が高いのは「ローン、クレジットカード、公共料金などの支払いを3ヵ月以上延滞」「過去に自己破産をしてしまった」「勤務している会社の経営が厳しい」などと、これらの場合は審査通過が難しいと思われます。

自身の今現在の信用情報に不安がある方は、電話やインターネットにて信用機関で開示請求をすればチェックすることができます。

カードローンなら審査の時間が少し短くなる

急遽まとまった結婚資金が必要になってしまった。でもブライダルローンだと審査が通るまで時間がかかってしまう…。そんな時「カードローン」なら、手続きをすれば審査結果も即日でわかり、最も早く借入れすることができるサービスです。
ですがカードローンの場合、ブライダルローンよりも金利が高く月々の返済額が大きくなるので、“本当に時間がない時のみ“使用することをおすすめします。

結婚式は必ずやらないといけないものではない

ふたりの状況を考えて、金銭的に余裕がなく、ブライダルローンを借りてまで結婚式をするような状況なら、いったん結婚式を延期するのもひとつの案です。お金に余裕ができたあと、子どもと一緒にあげるファミリーウェディングなども最近は増えています。将来のことを考えて、無理しないお金の使い方を検討してください。

まとめ

ふたりの金銭的状況を考慮してブライダルローンの検討を

結婚は購入するものや新生活などでたいへんお金がかかる時期です。結婚式もご祝儀制でおこなうものの、ほとんどは自己負担が必要になってきます。お金のかかることですが、今までの感謝の気持ちを伝える場である結婚式を挙げるのは素晴らしいこと。ふたりのお金の状況と新しい生活でかかってくる将来のお金をきちんと把握して、返せる見込みがあるならブランダルローンを検討しましょう。無理はしないのが一番です。

関連する式場

グアムのセント・プロバス・ホーリー・チャペル

セント・プロバス・ホーリー・チャペル

グアムで唯一!重厚な木目調の本格チャペル。 高台からの絶景が彩る挙式は美しく感動的。

グアムの挙式会場ブルーアステール

ブルーアステール

ブルー&ホワイトに染まる聖域にふたりの幸福な未来を描く至高の一日

グアムのルース・デ・アモール チャペル

ルース・デ・アモール チャペル

恋人岬を望むオン・ザ・ビーチの邸宅でいつまでも記憶に残る最高の一日を

この記事のライター

結婚式準備.com編集部

結婚式準備.com編集部です。結婚式の準備で悩むプレ花嫁を応援する記事を書いていきます。

関連する記事

Browsing History閲覧履歴

閲覧履歴はありません