レストランウェディング(結婚式)に招待されたときの親族の服装マナーとは

親族として結婚式に出席するときは、きちんとした服装を心がけたいものです。しかし、親族と言っても新郎新婦の両親や兄弟姉妹、いとこ、叔父や叔母など立場はさまざまなので、どのような服装がふさわしいのか悩みますよね。さらにレストランウェディングなどホテルや専用式場よりもカジュアルな場だと、親族の服装もカジュアルダウンしたほうが堅苦しくなりません。今回はレストランウェディングに出席するときの親族の服装マナーについてお伝えします。

この記事のINDEX

レストランウェディングでの親族の服装マナー

両親

buritora – stock.adobe.com

まずは、レストランウェディングに出席するときの服装マナーの基本をご紹介します。

結婚式での親族の服装マナーとは

結婚式の服装には、最も格の高い「正礼装」とひとつ格下の「準礼装」があります。服装の格は、新郎新婦の装いの格または会場の雰囲気にあわせるのが一般的です。
 
結婚式を行う場所がホテルや専用式場なら正礼装、レストランウェディングなどカジュアルなところなら準礼装を選ぶといいでしょう。レストランウェディングでも格式のあるお店なら正礼装がふさわしいケースもあります。新郎新婦の希望する式の雰囲気にあわせて服装を選んでください。

親族の服装の選び方

新郎新婦の両親は、レストランウェディングでも披露宴中に横並びになることがあります。両家の服装の雰囲気が異なれば統一感がないため、和装か洋装か、正礼装か準礼装かを事前に話し合っておいたほうがいいでしょう。
 
兄弟姉妹も親族紹介や家族写真では両親の隣りに並ぶので、両家の雰囲気にあわせた服装を心がけると見栄えがいいです。親族は黒やネイビーなどの落ちついた色合いのドレスを選ぶとよいとされていますが、レストランウェディングならベージュや深いグリーンなどきれいめな色のドレスを選んでも素敵です。

両親・兄弟姉妹のおすすめの服装

家族

ohayou! – stock.adobe.com

ここからは父親、母親、兄弟、姉妹の順番に、レストランウェディングにおすすめの服装をご紹介していきます。

父親の服装

昼間の準礼装はスーツ、夕方から夜の準礼装はタキシードです。昼間のスーツは、おしゃれなディレクターズスーツを選ぶといいでしょう。

@dpi_suit_factory / Instagram

ブラックのジャケットにグレーのベスト、グレーとブラックの縞模様のコールパンツを合わせたら、シャツは白無地で、ネクタイはシルバーやライトグレーに。フォーマルで落ち着いた父親の婚礼衣装です。

母親の服装

母親はロングドレスやアンサンブルスーツがおすすめです。スタイルもすっきり落ち着いた雰囲気が出せるアンサンブルスーツはどんな会場にもしっくりくる婚礼スタイルになります。

黒のロングドレスは正礼装なので、もう少しカジュアルダウンしたいときは明るい色のロングドレスを選んでもいいでしょう。
 
準礼装なら膝が隠れる程度のスカート丈なら可とされています。昼の結婚式ではパールのネックレスをつけて上品に、夜の結婚式ではキラキラ光るアクセサリーをつけて華やかに見せましょう。

兄弟の服装

@sarto_monte / Instagram

兄弟は礼服のブラックスーツを選びます。ブラックスーツは略礼装と呼ばれ、結婚式に招待された場合の最も一般的な服装です。

@gotairiku_mitsukoshi_nagoya / Instagram

黒以外ではダークネイビーやダークグレーなどのダークスーツでもかまいません。ベストを着用するとフォーマルな装いになります。

姉妹の服装

どんな時も安定したブラックフォーマルスタイル。レストランウェディングなら上品な光沢のあるフォーマルドレスがおすすめです。

黒やネイビーなど落ち着いた色のドレスを着る場合は、ボレロやストールなどの羽織りものや小物に明るい色を取り入れるとおしゃれです。ゲストをお迎えする立場なので、フォーマル感を重視してください。

いとこ・叔父叔母のおすすめの服装

叔父叔母

miya227 – stock.adobe.com

いとこや叔父(伯父)・叔母(伯母)の立場ではどのような服装がふさわしいのでしょうか。服装のマナーを守りつつ、両親や兄弟姉妹とは少し違った工夫をしてみるとおしゃれになります。いとこ・叔父叔母のおすすめの服装を見ていきましょう。

いとこの服装

@gotairiku_mitsukoshi_nagoya / Instagram

男性は新郎新婦の兄弟と同じような装いを心がけます。ブラックフォーマルスーツを選んでおけば間違いはないでしょう。

女性は、新郎新婦の姉妹のように控えめにしすぎる必要はありません。黒やネイビーよりも深いレッドやブルー、グリーンなどきれいめな色を選ぶと親族席が華やかになります。

叔父(伯父)の服装

@suitselect_aspiaakashi / Instagram

叔父もレストランウェディングでは準礼装を選びます。ただし、ディレクターズスーツやタキシードを着ると父親よりも目立ってしまう恐れがあるので、ブラックスーツがおすすめです。
 
ブラックスーツはディレクターズスーツやタキシードよりも格下ですが、昼夜を問わず着用できます。ネクタイはシルバーがぴったりです。

叔母(伯母)の服装

30代・40代ならネイビーや深いグリーンなど落ち着いた色のドレスがおすすめです。50代・60代ならフォーマルスーツを選ぶと品格のあるコーディネートになります。
 
新郎新婦の母親は黒やネイビーなどのダークカラーを選ぶことが多いため、ベージュやシルバーグレーなど明るい色にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

親族としてレストランウェディングに出席するときは服装も少しカジュアルに

親族としてレストランウェディングに出席するときは服装マナーを守ることが基本です。ただし、レストランウェディングはホテルや専用式場よりもカジュアルな雰囲気なので、正礼装よりも準礼装のほうが似合います。
 
ドレスは黒やネイビーなど落ち着いた色を選ぶと、カジュアルダウンしてもフォーマルな装いになります。姉妹は会場の雰囲気にあわせて、きれいめな色のドレスを選んでもいいでしょう。女性のいとこや叔母(伯母)は明るい色のドレスやフォーマルスーツを選ぶとよさそうです。ぜひ服装マナーを守りつつ、会場にあわせた素敵なコーディネートを完成させてくださいね。

関連する式場

大阪府大阪市の結婚式場 The 33 Sense of Wedding

The 33 Sense of Wedding

絶景に包まれた地上160m 天空のウエディング

リストランテ カノビアーノ

リストランテ カノビアーノ

うれしいも、美味しいも。もっとおふたりらしく

福岡県福岡市の結婚式場 カノビアーノ福岡

カノビアーノ福岡

洗練された貸切空間でもてなす美食のウエディング

THE SURF OCEAN TERRACE

THE SURF OCEAN TERRACE

海と自然が祝福するシーサイドウエディング

この記事のライター

結婚式準備.com編集部

結婚式準備.com編集部です。結婚式の準備で悩むプレ花嫁を応援する記事を書いていきます。

関連する記事

Browsing History閲覧履歴

閲覧履歴はありません