準備が簡単で費用の節約も!二人だけの結婚式(挙式)とはどんなことをするの?

「あまり派手な結婚式(挙式)はしたくない。二人だけの結婚式(挙式)が気になるけど、実際のところ、どう?」と思っている人もいるでしょう。そこで今回は、二人だけの結婚式(挙式)はどのようなものか解説し、メリットを紹介します。最後に、二人だけの結婚式(挙式)のスタイルも紹介するので、自分たちにぴったりのものを見つけてください。

この記事のINDEX

二人だけの結婚式(挙式)とはどんなもの?

新郎新婦

oka – stock.adobe.com

まずは、二人だけの結婚式(挙式)とはどのようなものかを知った上で、検討しましょう。

二人だけの結婚式(挙式)とは

二人だけの結婚式(挙式)とは、その名の通り新郎新婦のみでおこなう結婚式(挙式)のことです。家族や友人は参列せず、披露宴もおこないません。

普通の結婚式との違い

普通の結婚式と比べても、挙式の流れはほとんど同じです。
 
ただ、教会(チャペル)式の場合、大きく違うのは、入場シーンです。通常の挙式では、新婦の父と新婦が腕を組んで入場しますが、二人だけの結婚式の場合、新婦が一人で入場したり、新郎新婦が二人で入場したりします。

どんな人が二人だけの結婚式(挙式)を選んでいるの?

二人だけの結婚式(挙式)を選ぶ理由は人それぞれです。
 
「再婚だから披露宴は考えていないけど、結婚式(挙式)はしたい。でも何度も家族や親族、友人を招待するのは気が引ける」「そもそも目立つのが好きではない」「急な授かり婚で、お腹が目立たないうちに二人だけでおこないたい」「ロマンチックに二人だけで結婚式(挙式)をしたい」「新婚旅行先での結婚式(挙式)を考えている」など、さまざまな理由があります。

二人だけの結婚式(挙式)のメリット

貯金箱

NOBU – stock.adobe.com

二人だけの結婚式(挙式)には、実はたくさんのメリットがあります。忙しくて時間がないカップルや、費用を節約したいカップルにおすすめです。

結婚式にかかるお金を節約することができる

結婚式は、お金がかかるものです。ゲストを呼べば、披露宴の飲食代や挙式会場使用料、プロフィールムービーなどの演出代、プチギフト代などさまざまな名目で費用が発生します。しかし、二人だけの結婚式なら、ドレス代や挙式会場使用料、写真代といった基本的なお金しかかからないので費用を抑えることができます。

場所や日程の調整がラク

たくさんのゲストを呼ぶとなると、場所や日程の調整が大変です。例えば、新郎新婦の実家同士が遠方なら、どこで結婚式をするかは熟慮しなくてはなりません。状況によっては、新郎の実家近くと新婦の実家近くで二回結婚式を挙げる、といったことも起こります。
 
ほかにも、友人や職場の人が参加しやすい場所や日程、時間帯などを考える必要があります。例えば、新郎の職場の人にとっては平日の夜が参加しやすく、新婦の職場の人にとっては土日の日中が参加しやすい、といった場合の日程調整は難しいでしょう。
 
しかし、二人だけなら、新郎新婦それぞれの都合さえつけばいつでもどこでも結婚式ができます。職場の人の都合や、実家の場所など関係ありません。

準備が楽で負担が少ない

ゲストを結婚式に招待するとなると、誰を招待するか、招待状の送付、席次、プログラムの内容を考えたり、装飾アイテムや引出物の準備などやることがとても多く時間がかかります。
 
しかし、二人だけの結婚式ならゲストにまつわるさまざまな準備をしなくてよいので、負担も少なくなります。
 
ゲストのために会場を選んだり、料理を選ぶ必要がないので、気持ちの面でも楽になるでしょう。

二人だけの結婚式(挙式)にはどんなスタイルがあるの?

和装

Tomoko – stock.adobe.com

二人だけの結婚式(挙式)にも、実はバラエティに富んだスタイルがあります。

海外で新婚旅行を兼ねておこなう

ハワイやグアムといったリゾートに新婚旅行に行き、現地のチャペルでおこなう方法があります。ほかにも、アメリカやオーストラリアなど、海外の都市でもおこなえます。
 
新婚旅行のついでに結婚式(挙式)もおこなえるのは大きなメリットです。結婚式(挙式)と新婚旅行先が同じなので、移動や宿泊のための費用も節約できますし、海外のロマンチックな雰囲気の中でおこなう結婚式(挙式)は一生の想い出になります。

国内のリゾート地でおこなう

軽井沢や沖縄といった国内リゾートでおこなう方法があります。国内リゾートなら、海外リゾートよりはリーズナブルな場合が多いです。また、海外リゾートに比べて移動時間も短く時差もないので、二人の休みが合う日や週末、ちょっとした連休でも結婚式(挙式)がおこなえます。

国内のチャペルや神社でおこなう

「海外挙式や、沖縄などでのリゾート婚はお金がかかる」という人は、国内のチャペルや神社もおすすめです。
 
二人の自宅から近いチャペルや神社なら、移動もかんたんです。ほかにも、歴史ある神社や、想い入れのあるチャペルを選ぶ方法もあります。

フォトウェディング

できるだけ費用を節約したい場合や、あまり派手なことはしたくない場合は写真だけの結婚式(フォトウェディング)もおすすめです。
 
フォトスタジオでおしゃれな写真を撮るのも良いですし、緑豊かな公園や神社でロケーション撮影をしても太陽のもと明るく美しい写真が残せます。

まとめ

ロマンチックな二人だけの結婚式(挙式)をしよう

二人だけの結婚式(挙式)とは、新郎新婦のみでおこなう結婚式(挙式)のことで、披露宴もおこないません。準備や日程調節がかんたんで、費用も節約できます。海外リゾートや近場のチャペルなど、挙式スタイルもさまざまです。
 
二人だけの結婚式(挙式)を選ぶ理由も人それぞれなので、「私たちには二人だけの結婚式(挙式)の方が合っているかも!」と思ったら、それが二人の形です。是非二人らしい場所で、ロマンチックな結婚式(挙式)をおこなってください。

関連する式場

沖縄・本島 古宇利島 空と海の教会

古宇利島 空と海の教会

「幸せを運ぶ神の使い」とも言われる海亀をモチーフにした白亜のチャペル

沖縄・本島 アクアグレイス・チャペルでの挙式

アクアグレイス・チャペル

ふたりと大切な人たちの想いを叶えるオンザビーチのゲストハウス

グアムの挙式会場ブルーアステール

ブルーアステール

ブルー&ホワイトに染まる聖域にふたりの幸福な未来を描く至高の一日

この記事のライター

結婚式準備.com編集部

結婚式準備.com編集部です。結婚式の準備で悩むプレ花嫁を応援する記事を書いていきます。

関連する記事

Browsing History閲覧履歴

閲覧履歴はありません