レストランウェディングの費用相場は安い?費用面のメリットや内訳や地域による特徴

結婚式ゲストが最も楽しみにしている「料理と飲物」に力を入れて手厚くもてなしたい新郎新婦にとって魅力的なメリットがいっぱいのレストランウェディング。費用面でも、一般的な結婚式と比較すると、「費用を低く抑えられる」「自己負担が少なくて済む」というメリットがある場合もあるようです。レストランウェディングの費用は、結婚式を専門に行う会場とどういった違いがあるのでしょうか。

この記事のINDEX

レストランウェディングの費用相場は?

レストランウェディングの費用相場と平均自己負担金額

iStoc / beorm

レストランウエディングとは、普段レストランとして営業している場所を貸し切り、結婚式会場として披露パーティを行うウェディングスタイルのことです。
最も魅力的なのは、料理が美味しいところ。料理を楽しむための専門設備やロケーションがそろっているため、装花や装飾にそこまで費用をかけなくてもパーティらしさが出る点、またまた、ホテルやゲストハウスと比較すると会場使用料が安く、結婚式全体の費用がリーズナブルになる傾向です。現在ではより結婚式に適した設備を備えたレストランが増えてきていて、一軒家レストラン、ガーデン付き、プール付き、チャペルを備えたレストランなど、特徴のある会場が増えていて、選択肢も多くなっています。

レストランウェディングの費用相場と自己負担金額の特徴

レストランウェディングの費用を一般的な結婚式と比較してみると、レストランウェディングは全体的な費用相場でも、自己負担の相場も安くなっていることが伺えます。レスト戦ウェディングはもともと会場は料理を楽しむために作られているため、大人数のゲストでの結婚式を想定してはいない場合もあり、収容ゲスト数に限りがある場合もあります。そのため、全体的に費用が少なくなる傾向です。ゲスト数が少ない方が、ゲストに関わるギフト代やサービス料金などを低く抑えられるため、総じて自己負担金額も少なくなる傾向のため、全体的に費用が押さえられると言えます。

結婚式全体の平均費用とレストランウェディングの平均費用比較

費用項目 レストランウェディング 結婚式平均値
結婚式総額 281.2万円 377.9万円
ゲスト数 50.7人 63.5人
ゲスト1人あたり単価 5.54万円 5.95万円
見積りより上がった金額 88.2万円 112.7万円
ご祝儀総額 154.8万円 224.1万円
自己負担額 126.4万円 153.8万円

※数字は首都圏(東京、神奈川、千葉、埼玉)の平均です。

データ出展:ゼクシィ 結婚トレンド調査2019調べ

会場別比較、結婚式と自己負担の平均金額

会場種類 結婚式総額平均金額/ゲスト数 平均自己負担金額
レストラン 281.2万円/52.4人 126.4万円
ホテル・式場内のレストラン 306.6万円/44.3人 129.8万円
一般の結婚式場 409.2万円/65.0人 173.3万円
ホテル 388.1万円/64.9人 165.2‬万円
ゲストハウス 414.9万円/73.2人 186.4‬万円

※数字は首都圏(東京、神奈川、千葉、埼玉)の平均です。

レストランウェディングの費用相場の内訳と費用面メリット

レストランウェディングの内訳費用平均額と、結婚式の内訳費用平均額を比較してみましょう。

費用項目 レストランウェディング費用平均値 結婚式費用平均値
挙式料 25.1万円 39.5万円
パックプラン基本料金 133.8万円 147.6万円
1人あたりの料理飲物料金 19,800円 20,000円
親へのギフト・花束料金 24,000円 33,000円
ムービーなど映像演出料金 63,000円 95,000円

※数字は首都圏(東京、神奈川、千葉、埼玉)の平均です。

会場使用料金が比較的リーズナブル

レストランウェディングが一般的な結婚式と比較して費用がかからない大きな理由として、会場使用料金含む基本料金が比較的リーズナブルなこと。特に挙式料金や会場使用料金に関しては、さまざまな会場の中では最も平均値が安くなっています。もともと料理を楽しむ会場のため、貸し切り保障人数にゲスト数を満たすことができれば、会場使用料金がかからないことも少なくありません。

料理と飲物の費用相場は平均と変わらず満足度が高い

ゼクシィ結婚式トレンド調査2019では、結婚式の料理の試食をして良かったかどうか尋ねたところ、結婚式全体の平均で「良かった」と答えた人は94.9%でしたが、レストランで試食をした人の答えは100%でした。料理と飲物のゲスト1人当たりの費用はほぼ平均並みか少し安いにも関わらず、料理や飲物への満足度が高いことが伺えます。

持ち込み料金におららかな会場が多い

レストランはもともと結婚式を行うための会場ではないため、ドレスやブーケ、両親への記念品や引き出物、ペーパーアイテムなど、通常の結婚式会場では持ち込み料金がかかってしまうようなアイテムに対して、持ち込み料金の規定がない会場も多いのが特徴です。また、通常は持ち込み料金が高額にかかるカメラマン、司会者、ヘアメイクなども、持ち込み料金がかからない場合もあります。(装花に関しては持ち込み自体が難しい会場がほとんどなので注意)
ただし、結婚式会場として想定されて作られているレストランに関しては、ウェディングのプロデュース会社などと提携していて、この限りではないこともあります。事前に持ち込み料金がどのようになっているかの確認をとる必要があるでしょう。

料理を楽しむために装飾や演出にそこまで費用をかけない傾向

レストランウェディングでは、ゲスト数が少なく、ゲストに料理をじっくり楽しんでほしい…という主旨で、演出や装飾などにはあまり凝らない新郎新婦が多い傾向です。演出や余興などはほぼなく、歓談中心の流れの結婚式も多くあります。装花装飾も、もともと雰囲気のある内装の会場が多いため、最小限の装飾で済むことが多いようです。そのため、演出費用は一般的な結婚式よりも安く済む傾向です。

地域によって差が出るレストランウェディングの費用

レストランウェディングが盛んな大都市がある地域の平均費用相場をまとめました。
結婚式の地域性と風習を色濃く反映して、レストランウェディングの相場金額や、平均招待ゲスト数にも大きく差がでる傾向です。特にゲストのおもてなしにより力を入れる地域では、一般的な結婚式と比較しても決して安いとは言い切れない地域もあります。
レストランウェディングは馴染みのない人もまだ多いため、計画する際にはゲスト招待に関して両親や親族などに事前に相談、確認をとる必要もあるでしょう。

首都圏(東京・千葉・大宮・横浜など)の費用相場

三ツ星レストランや大人数ゲストを収容できるレストランなど、さまざまな施設の選択肢があり、会場によっては費用が大きく変わってくるのが特徴です。人口が多い地域でカジュアルなウェディングにも馴染みがあるため、レストランウェディングの費用相場は平均的なものであると言えるでしょう。

費用項目 平均金額
結婚式総額 281.2万円
ゲスト数 50.7人
ゲスト1あたり単価 5.54万円
1人あたりの料理飲物 19,800円
ご祝儀総額 154.8万円
自己負担額 126.4万円

関西地方(大阪・京都・神戸など)の費用相場

結婚式費用に合理的な考え方をする関西地方のレストランウェディングは、他地域と比較しても費用負担が少なくなっています。ゲストの飲食代は平均的ですが、演出面、衣裳などの費用を削っているため、トータル費用や自己負担額が少なくなっているようです。

費用項目 平均金額
結婚式総額 219.2万円
ゲスト数 41.9人
ゲスト1あたり単価 5.23万円
1人あたりの料理飲物 18,000円
ご祝儀総額 140.9万円
自己負担額 78.3万円

東海地方(名古屋など)の費用相場

結婚式を盛大に行うことで有名な愛知県がある東海地方では、レストランウェディングの費用相場も高いものになっています。平均ゲスト数が少ないものの、衣裳や演出、引出物等の豪華さを重視する土地柄のため、自己負担金額は他地域と比較するとかなり大きくなっています。

費用項目 平均金額
結婚式総額 329.7万円
ゲスト数 44.7人
ゲスト1あたり単価 7.37万円
1人あたりの料理飲物 19,000円
ご祝儀総額 162.5万円
自己負担額 167.2万円

九州地方(福岡、鹿児島など)のレストランウェディングの費用相場

ゲスト数が多いことで有名な九州地方の結婚式では、レストランウェディングでも平均ゲスト数は群を抜いて多くなっています。平均費用相場も平均と比べ高くなっていますが、自己負担を見ると、首都圏の平均金額より低くなっています。

費用項目 平均金額
結婚式総額 303.5万円
ゲスト数 63.8人
ゲスト1あたり単価 4.75万円
1人あたりの料理飲物 14,700円
ご祝儀総額 231.0万円
自己負担額 72.5万円

北海道(札幌)のレストランウェディングの費用相場

会費制結婚式が主流となっている北海道のレストランウェディングは、他地域と比較すると圧倒的な費用の低さが分かります。現在では、ご祝儀制で結婚式を行うカップルも増えているようです。

費用項目 平均金額
結婚式総額 207.7万円
ゲスト数 51.1人
ゲスト1あたり単価 4.06万円
1人あたりの料理飲物 16,400円
会費制会費総額 89.2万円
自己負担額 118.5万円

レストランウェディングの費用面での注意点

レストランウェディングの費用面でのデメリット

iStoc / CentralITAlliance

レストランウェディングはもともと結婚式を行うことを想定していない作りの会場や、料理をゆっくり快適に味わってもらうための環境として、そこまで大人数のゲストは収容できない会場が多くあります。そのため、特に設備面で費用について次のような点に注意が必要になります。

会場ごとにサービスが大きく異なる

レストランウェディングを計画する場合、もともと結婚式やパーティを想定して作られている会場ではないため、会場によって費用面やサービス面のクオリティが大きく異なる場合が多くあります。一般的な結婚式会場では、ある程度一定のサービスが整っていますが、レストランウェディングではウェディングプランナーがいない場合もあります。そのため、下見の際には見積りや基本プランの費用面の安さだけでなく、どのようなサービスや施設が整っているのかを、詳しく確認する費用があるでしょう。

設備が整っておらず凝った演出が難しいことも

ホテルや結婚式会場と違い、結婚式では一般的な凝った演出や余興を希望した場合、設備が整っておらず、自己手配が必要になる場合もあります。その際は、通常の会場以上に費用がかかる場合もあります。

ゲストの配慮面で至らないことも考えられる

レストランは本来食事を提供する会場のため、一般的な会場では行き届いているであろう設備が整っていない場合があります。例えばゲストのための控室や年配の方への配慮面(お手洗いおバリアフリーなど)、最寄り駅や挙式会場からのゲストの送迎バスの手配などはまったく用意しておらず、これらはすべて新郎新婦の自己手配などになってしまうことも。そのため、招待ゲストの顔ぶれによっては、結婚式会場として向かない会場もある場合も。

まとめ

レストランウェディングの費用相場や自己負担額は安い傾向だが注意も必要

レストランウェディングは、本来は「料理と飲物を楽しむ」という会場の特徴から、結婚式費用や自己負担金額が安く抑えられる傾向にあります。しかし、結婚式を専門的に行う会場には一定備わっているサービスや設備が備わっておらず、想定外の出費やゲストにとっての配慮が足りないケースが出てくる場合もあるのです。レストランウェディングのメリットやデメリットをしっかり理解した上で、費用面でのメリットが活かせる結婚式を計画できると良いですね。

関連する式場

THE SURF OCEAN TERRACE

海と自然が祝福するシーサイドウエディング

この記事のライター

結婚式準備.com編集部

結婚式準備.com編集部です。結婚式の準備で悩むプレ花嫁を応援する記事を書いていきます。

関連する記事