ハワイで憧れのフォトウェディング!気になる費用や事前準備を解説します!

海外ウェディングの中でも不動の人気を誇るハワイ。フォトウェディングでもその人気は変わらず、結婚式は挙げないけど写真だけ残したいカップルや、国内挙式後に新婚旅行でハワイを訪れる夫婦に選ばれています。ハワイでのフォトウェディングの魅力や押さえておきたいロケーションや、渡航前に準備しておきたいことについて解説します!

この記事のINDEX

海外でのフォトウェディング、人気はやっぱりハワイ!

ハワイでウェディングフォト

©ワタベウェディング

結婚式は挙げないけど新婚旅行も兼ねて結婚の思い出を残したい、国内挙式とは違う雰囲気の写真を撮影したいカップルに人気なのが、海外でのフォトウエディング。中でもハワイでのフォトウエディングは、新婚旅行件数が多いことはもちろん、チャペル、ビーチ、タウンなどさまざまな雰囲気で撮影ができる、日本語の通じるウェディングサロンが多数あることなどから人気を集めています。
 
また、子連れでも距離・費用・言語ともに無理がかかりにくく渡航しやすハワイでは家族旅行も兼ねたファミリーフォトウェディングが叶えやすく、授かり婚などで結婚式を挙げていない夫婦や結婚数年後に改めて写真を残したい夫婦にも人気です。
 
ハワイでのフォトウエディングには魅力がたくさん詰まっていますが、具体的に費用はいくらかかるのか、押さえておきたいロケーションや、理想のフォトウエディング実現のために準備することについて解説します!

大切な人と特別な場所でおこなう結婚式

goto リゾ婚プロジェクト#goto リゾ婚プロジェクト|挙式・結婚式・ リゾートウェディングなら【ワタベウェディング】

ハワイのフォトウェディング、具体的にいくらかかる?

オンラインカウンタ―のWEB相談

©ワタベウェディング

ハワイでのフォトウエディングを扱っている手配会社は多数あり、その内容も費用も多彩に揃っています。
 
ワイキキの中心部にサロンを構えるワタベウェディングでは、チャペルやビーチの他にもカピオラニパークやダウンタウン、カカアコエリアでのフォトウエディングプランを揃えています。嬉しいのは「チャペル&ビーチ」や「ダウンタウン&ビーチ」など、複数エリアでの撮影があらかじめ含まれたプランが準備されていること。
 
フォトウエディングプランの費用は実施時期にもよりますが、撮影に必要なものや撮影データ、アテンドスタッフ、撮影終了までの送迎などを含めて128,000円、「チャペル&ビーチ」など2か所での撮影を含めたプランでも158,000円で実現できます。
 
現地ドレス&タキシード(小物レンタル付き)や新婦ヘア&メイク、造花ブーケ&ブートニアなどがすべて含まれていたり、現地サロンでの打ち合わせが日本語でできる点も安心材料のひとつ。手ぶらで行って手ぶらで帰れる手軽さは旅行メインのカップルには特に嬉しいですね。

現地で完結!衣裳・撮影・メイク付チャペルフォトプラン|ワタベウェディング

ハワイらしさを満喫!押さえておきたいロケーション

結婚式の雰囲気を楽しめるチャペルフォト

海外旅行の日記念ハワイ/グアム リゾ婚ギフトプレゼントキャンペーン

©ワタベウェディング

結婚式は挙げないけど結婚式の雰囲気は写真に残したい、というカップルにおススメなのが、チャペルでのフォトウェディング。ハワイにはビーチを一望できるチャペルが多数あり、青い空と海、真っ白な祭壇を背景に撮影することができます。チャペル内のウェルカムラウンジやピクチャーラウンジなどさまざまなフォトスポットで撮影できる場合も多く、ハワイ挙式をしたかのような写真を残せるのも魅力的。
 
ビーチ近くのチャペル以外にも、ハワイに古くからある緑豊かな教会やローカルに人気の教会などでのフォトウェディングも、人とは違う写真を残せると人気です。

定番人気!ビーチフォト

海外旅行の日記念ハワイ/グアム リゾ婚ギフトプレゼントキャンペーン

©ワタベウェディング

ハワイでのフォトウェディングで一番人気はやはりビーチフォト。青い空、輝く海、白い砂浜…ハワイでしか撮影できない南国らしいビーチでのウェディングフォトでは、日中は開放的な明るい雰囲気を、夕方は美しいサンセットを背景にロマンティックなカットを撮影することができます。
 
ビーチも場所によって雰囲気や人の多さが変わるので、ホテルやウェディングサロンからの移動時間などを考えながら、ふたりらしい撮影ができるビーチを選んでみては。

大自然を体感する緑豊かなパークフォト

ハワイでウェディングフォト

©ワタベウェディング

ビーチに隣接する広大な公園では、ハワイの大自然を体感しながら緑豊かなフォトウエディングが叶います。
 
ワイキキからダイヤモンドヘッドのふもとまで広がるカピオラニパークは、ハワイ最大かつ最古の、地元の人々に愛され続けている公園です。目の前に広がるダイヤモンドヘッドをバックに大迫力の写真が撮影できたり、バニヤンツリーの下で自然の力強い生命力を感じる幻想的なフォトウェディングも叶います。
 
ワイキキから近くローカルに人気のアラモアナビーチパークではビーチの青と木々や芝の緑が生み出す自然の美しいコントラストを背景に撮影ができたり、ワイキキを一望できるタンタラスの丘ではワイキキの街並みを遠くに緑に囲まれた絶景ショットが叶います。

カジュアルダウンでオシャレに!タウンフォト

ハワイでウェディングフォト

©ワタベウェディング

人とは少し違う雰囲気のを撮影を楽しみたいなら、タウンフォトもおススメ。ハワイのタウンフォトで人気のエリアといえば、ダウンタウンとワイキキタウンです。
 
ハワイの古き良き街並みが残るダウンタウンでは、石やレンガで作られた歴史的建造物や「ハワイ・シアター」などをバックにオールドハワイを感じる、ノスタルジックな写真が撮影できます。ワイキキから車で15分ほどで行ける近さも魅力のひとつ。
 
ワイキキタウンは言わずと知れた観光名所のひとつ。ビーチに隣接しリゾートホテルやブランドショップが立ち並ぶ、どこを切り取っても絵になる街並みは”ハワイらしさ”を最も感じられるエリアです。路地に並ぶカラフルなサーフボードを背景にした撮影も人気上昇中!

インスタ映え必至のウォールアートフォト

インスタ映えするフォトジェニックな写真を残したいカップルに人気の、カカアコのウォールアートをバックに撮影するフォトウェディング。アラモアナ・ショッピングセンター近くにある倉庫街の外壁に描かれたさまざまなウォールアートは、毎年2月に開催される「Pow!Wow! Hawaii!」で世界中のアーティストの手によって描かれている話題のエリア。
 
ふたりの雰囲気にあわせてスポットを選べば、ポップにもキュートにも、クールにも撮影することができるうえ、絵に合わせてポージングを決めればふたりだけのオリジナルフォトも可能!アートを楽しみながらここでしか撮影できないフォトウェディングが叶います。

「ハワイでドレスを着て海で写真が撮りたい!」「式を挙げていないので記念に!」

衣裳・ヘアメイク・撮影データ・送迎がついたハワイフォトウェディングプラン|ワタベウェディング

ふたりらしい撮影を叶える渡航前準備

オンラインカウンタ―のWEB相談

©ワタベウェディング

渡航手続きと宿泊予約

フォトウェディングのプランの多くは、航空券や宿泊施設が設定されておらず、自身で渡航や宿泊予約をする必要があります。ホテルを手配するときは、撮影場所が宿泊施設からどの程度距離があるかをあらかじめ確かめておくと安心です。
 
手配会社によっては宿泊エリアが限られている場合があり、例えばワタベウェディングのフォトプランでは「ワイキキ・カハラ地区のホテル宿泊の方対象」と決められています。選びたいフォトプランの対象エリアを確認したうえで宿泊予約するとよいでしょう。
 
また、午後撮影のプランではお昼ごろから準備を始める場合もありますが、「午前中にハワイに到着すればできる!」と考えるのは危険!フライトは天候や機内トラブルなどにより到着時刻が遅れる場合も多いため、最低でも1日前には現地に到着できる航空券を手配しましょう。
 
なお、渡航費用や宿泊費用は時期によって変動するため、費用を抑えたい場合はオフシーズンを狙うのもひとつ。雨季でも1日中雨が降り続けることは少なく、雨上がりの虹に出会えれば、その瞬間にしか納められないレアな写真が撮影できます。

打ち合わせ3回!意外とカンタン♪リゾートウェディング|挙式・結婚式・ウェディングなら【ワタベウェディング】

候補ドレスをいくつか決めておく

現地レンタルドレスでフォトウェディングをする場合、ドレス選びは撮影当日に、現地サロンにて行われます。ワタベウェディングでは打ち合わせ&衣裳選びから撮影支度開始まで1時間15分ほど時間を割いていますが、結婚式のドレスを決めるときほどゆっくりと選ぶ時間はありません。
 
あらかじめ現地レンタルドレスのラインナップを確認できるようなら、候補ドレスを決めておけるとスムーズです。結婚式シーズンだと人気ドレスが出払っていて着られない場合もあるため、着たいドレスをいくつかピックアップしておきましょう。妊娠していたり子連れでフォトウェディングを行う場合は、マタニティ向けのドレスや動きやすいデザインの有無を確認しておくと安心です。

ブライダルインナーを準備する

ウェディングドレスが現地レンタルの場合、ブライダルインナーはレンタルに含まれていないケースが多くあります。ブライダルフォトに美しいプロポーションで臨むためにも、国内で事前に、自分の体に合うブライダルインナーを準備しておきましょう。
 
購入を決めるときには、メーカーによって購入手続きから納品までの期間が異なるため、渡航に間に合うよう納品スケジュールの確認は忘れずに!

ブライダルネイルもぬかりなく

結婚式や披露宴のように指輪交換やケーキカットなどの儀式はありませんが、フォトウェディングでもふたりの手元にフォーカスした手元ショットは必ず撮影してもらいたい人気カットのひとつ。エンゲージリングやマリッジリングを引き立てるためにも、指先をネイルで飾り、美しい写真を残したいですね。
 
ハワイを思わすヤシの木やホヌ、プルメリアなどをデザインに取り入れれば、細部までこだわった写真が撮れそう。ハワイアンジュエリーモチーフのネイルもゴージャスで素敵。ウェディングドレスを現地レンタルする場合は、どのドレスにも似合うデザインを選びましょう。撮影日まで美しいネイルの状態を保てるよう、ジェルネイルなら渡航の1週間前くらいにサロンで手入れをしてもらうとベストです。

撮影イメージを決めておく

@watabewedding_hawaii / Instagram

せっかくハワイでフォトウェディングを行うなら、ロケーションを活かしたふたりらしい写真を残したいですよね。
 
結婚式や披露宴と違いゆっくりと撮影を楽しめることがフォトウェディングの魅力のひとつとはいえ、撮影時間は約45分間程度と限りのあるもの。憧れのポージングやシチュエーションでしっかりと写真を残せるよう、打ち合わせのタイミングでカメラマンに希望を伝えられるように事前に準備しておきましょう。
 
なおワタベウェディングの調査によると、フォトウェディングのポージンズや小物使いの情報源は47.3%の男女がInstagramと回答しています。フォトウェディングのテーマやポージングをあらかじめリサーチしておくと、後悔のない撮影ができそうです!

参考:フォトウェディングに関するアンケート調査

初心者向け!オンラインリゾ婚&旅行フェア開催。自宅からテレビ電話やメールで相談が可能!まずはお気軽にご予約を♪

リゾ婚オンラインカウンター|挙式・結婚式・ウェディングなら【ワタベウェディング】

まとめ

ハワイのフォトウェディング、人気だらかこそ事前準備はしっかりと

海外ウェディングと同じくフォトウェディングでも圧倒的な人気を誇るハワイ。多くのカップルが記念撮影を行う場所だからこそ、ふたりらしい写真を残したいですよね。
 
フォトウェディングのテーマやそれに合ったエリア選び、ポージングなどを決めておけば、撮影もスムーズに進められそうです。新婦は自分史上最高に美しい姿で撮影に望めるよう、ウェディングドレス候補を事前にリサーチしたり、ブライダルインナーやネイルの準備はぬかりなく進めましょう。
 
ハワイのフォトウェディング費用は手配会社によってさまざまですが、時期によって変動する渡航費用や宿泊費と合わせて予算を考えると安心です。ふたりの理想的なハワイでのフォトウェディングが叶えられるよう、費用やロケーション、衣裳、ポージングなど事前準備はしっかりと行っていきましょう。

関連する式場

ハワイ・オアフ島のコオリナ アクア・マリーナで挙式

コオリナ アクア・マリーナ

ハワイ王族ゆかりの優雅なリゾートエリアで想いを叶える2つのウェディングスタイル

ハワイ オアフ島 コオリナ・チャペル・プレイス・オブ・ジョイ

コオリナ・チャペル・プレイス・オブ・ジョイ

奇跡の場所で喜びの結晶が、あたらしく輝く。

ハワイ オアフ島 ザ・プライベート・ガーデン アロハ・ケ・アクア

ザ・プライベート・ガーデン アロハ・ケ・アクア

愛の聖地に誕生した2つのスタイル ハワイの歴史と自然が彩るウェディング

この記事のライター

結婚式準備.com編集部

結婚式準備.com編集部です。結婚式の準備で悩むプレ花嫁を応援する記事を書いていきます。

関連する記事

Browsing History閲覧履歴

閲覧履歴はありません