人気が集中するのはいつ?暦の意味を考慮した後悔しない結婚式の日取りの決め方

結婚式を挙げるときに、まず決めなくてはならないことのひとつが「日取り」です。いつ結婚式を挙げるかが決まらなければ、結婚式場の予約もできません。今回のテーマは、結婚式の日取りの決め方について。結婚式においては暦を意識して日取りを決めることが多いですが、この暦とは一体何なのでしょうか。また、暦の上で人気の集中するのはいつなのでしょうか。ここで暦に関する理解を深め、日取りを決める際に迷うことがないようにしておきましょう。

この記事のINDEX

暦を意識するなら「六曜」の意味を理解しよう

六曜とは

六曜という言葉を聞いたことはありますか?これは、中国発祥の暦のひとつで、冠婚葬祭の行事を行う際には六輝を意識して日取りを決めることが非常に多いです。結婚式の日取りを決めるときにも暦を意識して決めるケースが多いため、ここで六曜の意味を理解しておきましょう。

六曜のそれぞれの意味とは

六曜は「先勝」→「友引」→「先負」→「仏滅」→「大安」→「赤口」の順で繰り返されます。赤口の次はまた先勝に戻り、これが延々と続いていきます。「大安」や「仏滅」は何となく馴染みがあっても、それ以外については意味がよく分からないという方も多いかもしれませんね。六曜のそれぞれの意味についてここで紹介します。

先勝(せんしょう・さきがち)

先んずれば勝つとの意味。何事においても急いだほうが良いとされています。午前中が吉で午後が凶となるため、結婚式においては午前中に挙げるのが良いとされている日です。

友引(ともびき)

友を引く、という意味からお祝い事をするのにふさわしい日とされています。逆にお葬式やお通夜などの行事は避けるべきと言われています。

先負(せんぶ・さきまけ)

先勝と逆で、何事においても急ぐと良くないとされています。午前中が凶で午後が吉となるため、結婚式においては午後に挙げるのが良いとされている日です。

仏滅(ぶつめつ)

仏をも滅すると言われる大凶の日。結婚式においては六曜の中でもっとも避けられることが多いです。

大安(たいあん)

何をするにも良い日とされています。午前や午後の時間帯に関わらず終日縁起が良いと言われており、この日に結婚式や結納、入籍をするケースが多く見られます。

赤口(しゃっこう)

凶とされている日ではあるものの、午前11時頃から午後1時頃(牛の刻)は吉とされているため、この時間帯にかかる結婚式は縁起が良いと言われています。

結婚式の日取りで人気が集中するのは大安と友引!狙う場合の注意点

結婚式の日取り

暦を意識して結婚式の日取りを選ぶなら、縁起が良いとされる大安と友引を狙いたいところです。ですが、その場合には注意しなければならない点があります。ここでは結婚式の日取りに大安・友引を選ぶ場合の2つの注意点についてまとめてみました。

土日祝日と大安友引が重なるところは早めの予約を!

結婚式の日取りを暦を見ながら決めようとすると、大安友引と土日祝日が重なる日程に候補を絞るケースが多くなります。土日祝日で大安もしくは友引の日程を狙う場合には、とにかく早めの式場予約が必要です。特に、結婚式が特に多くなる10月11月や4月5月に関しては、1年前から予約で埋まってしまう式場も少なくありません。早めにリサーチをし、希望の日程で申込みを済ませましょう。

大安友引は結婚式ラッシュ!他の結婚式と重なる可能性も

大安や友引の日には、全国的に結婚式が多くおこなわれます。もしかすると、皆さんのお友達や会社の人たちの中にも同じ日程で結婚式に呼ばれている可能性もあります。他の結婚式と重なり出席することができなくなるゲストがいるかもしれないリスクも理解しておいた方が良いでしょう。
また、結婚式が多くなる大安・友引には、当日の式場も大変混み合うことが予想されます。プライベート感を重要視する場合には、完全貸切スタイルの式場を選ぶなど対策を練っておくと良いでしょう。

結婚式の日取りに仏滅を選ぶ際の注意点

結婚式の日取り

結婚式に仏滅の日取りを選ぶことは、それ自体がNGであるわけではありません。結婚式を挙げるふたりが、暦を意識せずにそれ以外の要素を優先して日取りを決めたとき、たまたま仏滅の日だったというケースもあるかもしれません。結婚式の日取りを仏滅の日に設定する場合には、下記の2つの点に注意しましょう。

両親の理解を得られているか

結婚式はふたりだけのことではなく、家族が大きく関わる行事です。暦を特に意識せずに結婚式の日取りを決める際には、両家の両親の理解が得られている必要があります。日程変更は結婚式の準備が進むにつれ難しくなるため、初めにその日取りで問題がないかを十分に確認しておきましょう。後になって両親からNGがでると、せっかく選んだ式場で結婚式が挙げられなくなってしまうリスクもあります。

ふたりが100%仏滅でも問題ないと思っているか

式場見学の段階では、「仏滅は特に気にしない」と思っていたふたりが、後になって「やっぱり仏滅は避けた方が良かったのでは」と思うケースもあります。結婚式を挙げる日は、ふたりの一生の記念日になります。安易に決めるのではなく、100%その日で間違いない!と確信できている状態で決めるようにしましょう。

まとめ

結婚式の日取りを決める上で、暦つまり六輝の意味を知っておくことは大切です。決め方は人それぞれで、六輝を優先する場合もあればそうでない場合もあるでしょう。後悔の残らないようにふたりでしっかりと話し合い、家族の了承も得た上で決めていくことが大切ですよ!

関連する式場

KOTOWA鎌倉 鶴ヶ岡会館

KOTOWA鎌倉 鶴ヶ岡会館

新旧の美しさが彩る 鎌倉での和モダンウエディング

ホテル雅叙園東京の結婚式

ホテル雅叙園東京

自然美と芸術美が織り成す場所で、【幸せをよぶ、日本の彩り】を感じる結婚式を。日本初の総合結婚式場・ホテル雅叙園東京は創業90周年を迎えた。

この記事のライター

結婚式準備.com編集部

結婚式準備.com編集部です。結婚式の準備で悩むプレ花嫁を応援する記事を書いていきます。

関連する記事

Browsing History閲覧履歴

閲覧履歴はありません