グルームズマン(アッシャー)とは?気になる役割や衣装について

花嫁をサポートするブライズメイドと同じく、新郎側のサポートを行う[グルームズマン]もまた人気演出の1つです!海外ドラマや映画のウェディングシーンでお馴染み。見たことがある人も多いのでは?グルームズマンはどんなことをするのか、衣装のコーディネートアイデアまで、グルームズマンについて気になるところをたっぷりとご紹介します!

この記事のINDEX

そもそも、グルームズマンとは?

グルームズマン

「グルームズマン(Groomsmen)」とは、新郎のサポート役のこと。
結婚式当日は常に新郎の近くに付き添い、結婚式の準備から手伝いスムーズに式を進行することができるようサポートを行います。
グルームズマンは新郎の気心知れた友人、兄弟、職場の同僚など男性たちがその役割を担うことが一般的で、花嫁の付添人のブライズメイドと人数を合わせます。
 
日本では別名で「アッシャー(Usher)」と呼ばれることもあります。
海外ドラマや映画などのウエディングシーンで見たことがあるという方も多いのではないでしょうか?
その影響もあり、海外の結婚式では欠かせない存在であるグルームズマンに魅了され、近年に本の結婚式でグルームズマンをお願いする新郎新婦が増えてきています。

グルームズマンの誕生・由来

グルームズマンの起源は中世ヨーロッパまで遡ると言われています。
結婚する幸せな二人を妬んだ悪魔から身を守るために、未婚の花嫁、花婿の兄弟や友人達が花嫁や花婿と似たような服装をして、誰が花嫁・花婿か分からないようにし、悪魔の目をごまかそうとしたことが由来となっています。
この伝統は、結婚式に10人の証人を必要としたローマ法に端を発したと考えられています。

グルームズマンの中心となるベストマンとは?

@kassiewhitingphotography / Instagram

「ベストマン(Best man)」とは、グルームズマンのリーダーのことをいいます。
ベストマンは挙式では二人の結婚指輪などを運んだり、披露宴では司会やスピーチをしたり、結婚式の責任者的な役割があります。
ベストマンを選ぶ際、新郎と一番仲は良く信頼できる人、周りから見てもしっかりしていると思われる人にお願いしましょう。

グルームズマンの役割

基本的には新郎の付添い人として結婚式のサポートを行うグルームズマン。具体的には以下のような役割を担います。

(1)バチェラー・パーティの企画

海外では定番の前祝いパーティ!バチェラー・パーティとは新郎の独身最後の夜を同性の友人と過ごすパーティのことです。
独身時代へのお別れの夜を、バーなどで開催して楽しく盛り上げ新郎をお祝いします。はめを外しすぎて結婚式に影響が…なんてことにならないように配慮が必要ですね。

(2)バージンロードを敷く

式当日、新郎新婦が入場する前にバージンロードとなる布をグルームズマンが敷きます。
式場側が行うのが一般的ですので、こちらの演出を行う際は事前に打ち合わせが必要です。
まだ日本の結婚式ではあまり見かけない光景なので、ゲストの印象に残ることでしょう。

(3)写真撮影

グルームズマン(アッシャー)とは

おそろいの衣装を着たグルームズマンは目立ちますし、写真に華をそえる存在です。
新郎新婦との写真はもちろん、ゲストから撮影を依頼されることも多いでしょう。

(4)ブライズメイドとの共同作業

披露宴前の受付などブライズメイトと共に協力することがあります。挙式の入退場のシーンではグルームズマンがブライズメイトたちをエスコートします。

(5)結婚式の盛り上げ役

盛り上げ役

全員でサングラスをかけてボディガードを装ってみたり、新郎を胴上げしたりと、グルームズマンは結婚式の盛り上げ役でもあります。
いるだけで存在感があるグルームズマンはブライズメイドとともに会場を盛り上がるよう、ゲストが笑顔になるような声かけや振る舞いを心がけます。

(6)ゲストのエスコート

披露宴会場に訪れたゲストが席に着くのをサポートしたり、新郎新婦とゲスト全員での記念撮影や二次会などに移動したりする際に案内を行います。

(7)二次会のとりまとめ

グルームズマン(アッシャー)とは

結婚式後に行われる二次会もグルームズマンがとりまとめることが多いです。二次会の場所までの案内や司会進行なども積極的に行います。

グルームズマンの衣装

基本的には新郎のコーディネートとリンクさせます。統一感を出すことがポイントで、ブートニアなども新郎と同じものを身につけることが基本です。
衣装選びの参考に、いくつかのコーディネートの事例を紹介しましょう!

スタイル(1)正統派のブラックタキシード

@erocckk / Instagram

間違いのない王道でいくのであれば、ブラックカラーのタキシードをお勧めします。一番フォーマル感がありますし、正統派の大人な雰囲気が漂います。
ネクタイを蝶ネクタイに代えることで、海外風のコーディネートにすることもできます。

スタイル(2)同色カラー・同じアイテムでTHEグルームズマン

グルームズマン(アッシャー)とは

新郎と同じカラーのスーツ、ネクタイ、ブートニアを身にまとうことで、一気にグルームズマンらしくなります。
シャツだけおそろい、靴だけおそろいなど、どれか1つでも同色のものをとりいれるワンランク上のおしゃれコーディネートを楽しむのも良いですね!

STYLE(3)制服で統一

@shelbyncamronw / Instagram

警察官や消防士など、新郎が制服のある職場に勤めているのならば、その職場の制服をおそろいで着用するというアイディアもあります。
ゲストの目をひくこと間違いなしです!

スタイル(4)1対多数のコーディネート

グルームズマン

新郎がジャケットを羽織るタキシード姿の場合、グルームズマンはベストを。
新郎が白ならグルームズマンが黒にするなど、1対多数というコーディネートをするとおしゃれ感がアップしてコントラストが素敵になります。

スタイル(5)カジュアルコーディネート

@wildolivephoto / Instagram

チノパンやセーター、スニーカー、ジーパンなど、カジュアルな結婚式でしたらカジュアルなコーディネートが映えます。
サスペンダーや蝶ネクタイをプラスすれば、少しフォーマル感も出ておしゃれに決まります。

STYLE6. リゾート婚にはリゾートスタイルを

@villabotanicawhitsundays / Instagram

海外や海が見えるロケーションで挙式を挙げるリゾート婚には、リゾートスタイルがお勧めです。
白を基調とした麻素材のシャツやパンツ、アロハシャツなど、ロケーションに合わせたコーディネートをチョイスすれば、より一層リゾートらしさを演出することができるでしょう。
他とは違ったおしゃれな着こなし方を楽しみたいのであれば、海外メンズたちのコーディネートが参考になります!

まとめ

今や日本の結婚式でも人気急上昇のグルームズマン。兄弟や友人達の協力を得て、一緒に結婚式を作り上げてもらいましょう!心に残る素敵な結婚式に華をそえる存在となること間違いなしです。ゲストと楽しむ結婚式をしたいお二人にぜひ参考にしてほしい演出アイデアです。

関連する式場

関連する式場はありません

この記事のライター

結婚式準備.com編集部

結婚式準備.com編集部です。結婚式の準備で悩むプレ花嫁を応援する記事を書いていきます。

関連する記事

関連する記事はありません

Browsing History閲覧履歴

閲覧履歴はありません