結婚式二次会の会費はいくら?相場と決め方について

結婚式の二次会をすることが決まったら、予算を決めるためにも会費について早めに話し合っておくのがベスト。とはいえ、会費はいくらに設定したらいいのか、会費で賄おうと考えてよいものは何かなど、頭を悩ませる人も少なくないでしょう。そんな悩める新郎新婦や二次会幹事さんのために、今回は結婚式二次会の会費について詳しくご紹介します。ゲストに負担なく、楽しんでもらえる二次会を検討する参考にしてください!

この記事のINDEX

会費相場と会費で賄うべきものは?

結婚式二次会の会費は、金額をおさえすぎれば新郎新婦の負担が増えますし、上げすぎればゲストの負担が大きくなります。「二次会の会費はいくらにしたらいいの?」という人のために、まずは結婚式二次会の会費相場について解説します。

結婚式二次会の会費相場はいくら?

電卓を持つ花嫁

結婚式二次会の会費は「5000円~7000円」が相場といわれています。
 
結婚式二次会を行った新郎新婦を対象としたアンケートによると、結婚式二次会の会費は男性平均6000円、女性平均5400円となっています。
 
しかし、二次会の内容はもちろん開催する地域によって会費は異なり、関東の会費は男性平均6900円、女性平均6200円と高めになっています。これは、地方に比べて物価が高いことや、料理や演出、衣裳にこだわる傾向があるためだと考えられます。

データ出展:ゼクシィ 結婚トレンド調査2019調べ

会費で賄ってもいいもの・避けたいものは?

二次会のウェディングケーキ

おふたりのお祝い事にゲストを招待するのが二次会です。「結婚式二次会の会費は、ゲストの飲食やお土産に対して支払うもの」で、新郎新婦の衣裳代、演出にかかる費用などは、新郎新婦が負担するものだという考え方が一般的です。
 
結婚式や引っ越しなど、何かとお金がかかるため結婚式二次会の費用は会費で賄いたいところではありますが、会費が高額な割に料理が少ない、ゲームの景品がチープなどとなれば、ゲストにマイナス印象を与えかねません。そのため、会費で賄っていいものと新郎新婦が負担したほうがいいものについて知っておくようにしましょう。

会費をいくらにするか決める方法は?

衣裳代や会場費、飲食代、ゲームの景品など、全体でどれくらいの費用がかかるのかを考慮しつつ、5000円~7000円を目安に会費を決めるのが一般的です。とはいっても、具体的にどう決めたらいいのか気になるところ。会費の決め方について詳しく見てみましょう。

新郎新婦の負担は?

結婚式二次会の会費を決める際はまず、新郎新婦がいくら負担できるのかを考えます。その金額を二次会にかかる費用から差し引きし、残った金額をゲスト数で割ります。すると、ひとりあたりいくらの会費をもらえばよいのか、おおよその金額が見えてくるでしょう。
 
ただし、会費を決めるタイミングはゲストを招待する前であり、二次会の費用も実際にかかる金額ではありません。実際にオーバーした分も負担できるくらいの余裕をもって金額を考えるようにしてください。

男女ごとの会費の決め方

二次会の男女の会費

結婚式二次会の会費は、女性よりも男性の方を高めに設定する傾向があります。男性の方が飲食量が多かったり、女性の方が身だしなみにお金がかかったりするためではありますが、男女差を大きくしてしまうと不満が出る可能性もあります。
 
そのため、男女の会費の差は「500円~1000円」程度にしましょう。ただし、会費を男女で同じ金額にしているケースも 45.6%ありますので、ケースバイケースで考えてください。

データ出展:ゼクシィ 結婚トレンド調査2019調べ

年齢層ごとの会費の決め方

ゲストの年齢の幅が広い場合は、年齢によって会費を決めても良いでしょう。未成年であればアルコールが飲めませんし、幼児であれば食べる量も少なくなるため、飲食代が安くなるのが一般的。若者に人気の肉料理なども高齢者には敬遠されるケースがあります。
 
飲食の量の違いやメニューの内容を考慮して、子供や高齢者など年齢によって会費を変えても問題ありません。

「一般ゲストと幹事など」で分ける決め方

幹事は二次会成功のために準備してくれたり、二次会中は司会やプログラム進行などで飲食ができなかったりすることも。感謝とねぎらいの気持ちを込めて、幹事からは会費を受け取らない新郎新婦も少なくありません。
 
また、披露宴に出席してくれたゲストにはご祝儀をいただいています。披露宴で食事しているため二次会では飲食料が少なくなる可能性も。そのため、「披露宴+二次会参加者」と「二次会のみの参加者」とで金額を変えるという方法もあるでしょう。

パーティ以外にかかる費用

プチギフト

新郎新婦が結婚式二次会のために会場に支払った費用は25.2万円が平均です。しかし、この金額以外にかかる費用、すなわち会場以外に支払うものもあることをご存知でしょうか。ここでは、パーティ以外にかかる費用について解説しましょう。

データ出展:ゼクシィ 結婚トレンド調査2019調べ

打合せの費用は誰が負担する?

幹事の顔合わせや会場の下見、二次会のための打合せなどで費用がかかる場合もあります。これらの費用は新郎新婦が負担するなどの配慮はあった方が良いでしょう。
 
幹事たちがご祝儀代わりといって支払いを負担してくれるケースもありますが、打合せの費用に関しては新郎新婦と幹事で話し合い、しっかり決めておくようにしましょう。

プチギフトの相場は?

二次会のプチギフトの相場

結婚式の引出物と違い、二次会ゲストへ手渡すプチギフトは手ごろな値段のものを選ぶケースが多いようです。相場は「200円~400円」と考えてよいでしょう。
 
値段は安くても、オシャレなものや気持ちのこもったもの、オリジナルのものなど、プチギフトの種類は多いです。自分たちらしいものを用意してみてはいかがでしょうか。

お車代・お礼はいくら?

遠方から出席してくれるゲストへは、交通費の半額~全額程度のお車代を用意したり、幹事を引き受けてくれた友人に5000円~1万円のお礼を渡したりするケースもあります。
 
ゲストの顔ぶれを見ながら、どれくらいの金額を用意したらいよいか検討してみましょう。

まとめ

結婚式二次会の会費は、5000円~7000円が相場です。全員一律の金額、男性の方が多く負担する、年齢によって金額を変えるなど、ケースバイケースで決めてください。また、会費は二次会にかかる費用の総額によっても変わります。二次会の内容を検討したうえで会費を決めると、無理がない金額設定ができるでしょう。
 
二次会にかかる費用は会費で賄いたいところではありますが、ゲストの負担額が大きくなりすぎないよう、新郎新婦もある程度負担するのがベストです。

関連する式場

THE SURF OCEAN TERRACE

THE SURF OCEAN TERRACE

海と自然が祝福するシーサイドウエディング

フェリーチェガーデン日比谷

フェリーチェガーデン日比谷

【緑×洋館×貸切】築100年以上の東京都指定有形文化財で外国映画のような本物のガーデンウエディングを。日比谷駅から徒歩1分、東京駅からはタクシーで3分の好アクセス。都会の真ん中にある自然のオアシス「日比谷公園」内に佇むガーデン&テント付一軒家をまるごと貸切!おしゃれなアットホームウエディングを叶えよう!

この記事のライター

結婚式準備.com編集部

結婚式準備.com編集部です。結婚式の準備で悩むプレ花嫁を応援する記事を書いていきます。

関連する記事

Browsing History閲覧履歴

閲覧履歴はありません