フォトウェディングや前撮りの安いプランの選び方。格安料金プランの注意点は?費用節約とこだわりに妥協せず満足度を両立する方法とは?

フォトウェディングや前撮りの費用相場は10~20万円ほどと言われていますが、費用をできるだけ節約したい方も多いでしょう。格安プランとして提示されているなかには、1万~2万円前後の場合もあります。安くなっている理由や利用条件を確認して、上手に計画すれば理想のフォトウエディングや前撮りが安いで実現でき、費用も節約できるでしょう。結婚の思い出として後悔のない、失敗のないフォトウェディングにするために、こだわりを両立しながら費用を安く抑える方法を解説します。

この記事のINDEX

フォトウェディングや結婚式前撮りを安く抑えたいなら費用の構成内訳を知ろう

フォトウェディングや結婚式前撮りを安く抑えたいなら費用の構成内訳を知ろう

Macro Stud – stock.adobe.com

フォトウェディングや結婚式前撮りは通常他に何も頼まなくてもフォトウェディングの撮影が楽しめるよう、「撮影・衣裳ヘアメイク」と「撮影データ」の主なアイテムがセットになった「撮影料金プラン」が用意されています。

フォトウェディングの撮影格安プランと料金相場

料金相場:1万円~3万円(撮影データなし)
多くのフォトウェディングのプランでは撮影と衣裳が「基本(プラン料金)」として含まれており、一定の値段で提示されています。一般的に「格安フォトウェディング」として表示されているのは、この基本料金になります。格安料金プランには、撮影データは含まれていなことがほとんどです。

【フォトウェディングの格安料金プランの内容】
・カメラマンによる撮影
・新郎新婦の衣装レンタル(通常は1~2着)
・小物や靴、アクセサリーのレンタル
・着付けとヘアメイク
・台紙(撮影データの中から1~2カット)

このプランでは、撮影時間、衣装のクオリティや着用枚数、小物数などは一定の基準や選べる範囲が定められており、それ以上のサービスを希望する場合には料金がオプションとして加算されていく料金体系になっています。
また、ヘアメイク、着付け、衣装も含まれてはいるものの、選べる衣装は新郎新婦ともに2~3着程度であることが多く、それ以外の衣装を選びたい場合には、オプションで選べるランクと幅を広げる必要があります。

フォトウェディングの撮影データ買取料金

料金相場:3万円~10万円
撮影データとは、撮影した画像のメモリーのことです。フォトウェディングや前撮りで撮影した画像はデータ化されて、お客様に納品されるのですが、撮影したものすべてを無料で渡されることはほぼなく、撮影データは有料で買い取ることが一般的です。
撮影プラン内に「撮影データ(100カット)」などの記載がある場合には、100カット分撮影したデータの渡しがプラン料金内に含まれていますよ、ということです。
また、撮影カット数というのは、撮影する写真の枚数のことです。
例えば、「撮影200カット(データ30カット)」という表現は、200カット写真撮影し、その内30カットのデータをご納品するということです。
「撮影200カット」という表示の場合、200枚の異なる写真を撮影はするが、データは別料金で買取が必要、ということになります。

土日祝日料金・シーズン料金

料金相場:1万円~2万円
料金提示されているのは通常シーズンの平日料金であることがほとんどで、土日祝日の撮影とハイシーズンには割り増し料金がかかります。土日祝日料金やシーズン料金の追加料金相場は1万円~2万円ほどです。

フォトウェディングや結婚式前撮りで費用が値上がりするポイントは「オプション料金」

フォトウェディングや結婚式前撮りで費用が値上がりするポイントは「オプション料金」

Mitsuru Kumazawa – stock.adobe.com

フォトウェディングや前撮りの撮影では、思い出作りのためにより満足度の高い撮影内容にしたいと希望することが多いでしょう。
この満足度を上げるためのサービスが「オプション」で、プラン料金以外に追加料金が発生し、自分が予想していたよりもフォトウェデング費用が上がった、後悔した、失敗したと感じる大きな要因になります。
特に衣裳ランクアップ料金が高額に値上がりする大きな割合を占めています。
このオプションのサービス内容と料金がいくらかかるかを事前に知っておくことで、こだわりと費用節約を両立しながらの撮影内容を事前に検討できるでしょう。

衣裳ランクアップ料金相場:1万円~10万円以上

多くの人が注文するオプションになります。プラン料金に含まれている衣裳のレンタルできる範囲は基本的に新郎新婦の衣裳ともにかなり限られているケースが多いため、希望の衣裳が選べる範囲外にあった場合は、差額の追加料金を支払うシステムになっているスタジオ業者が多いのです。
衣裳追加料金は、1万円~10万円以上を見込んでおいたほうが良いでしょう。

撮影データ修正料金相場:4万円~8万円

撮影データを美肌修正してほしい場合や、色彩を鮮やかにしてほしいといった依頼には、データ修正のためのオプション料金が必要になるケースも多いのです。即日データ渡しの場合は、無加工か、簡単な光の加減の修正のみおこなわれているケースがほとんどです。
撮影データは当日確認が可能ですが、修正を依頼すると、プロによる修正で驚くほどの美肌に加工されていたり、ホワイトバランスの調整で鮮やかな色彩になったり…と、見違えるような画像になります。 自分で画像を加工修正することも可能ですが、素人にはなかなか難しい技術。 出来上がりをさらに美しくしたい、と希望する場合には、修正オプションの依頼がおすすめです。 追加料金の相場は4万円~8万円ほど見ておいたほうが良いでしょう。

アルバム制作料金相場:3万円~10万円

撮影データをアルバムに加工してもらう料金です。フォトウェディングの撮影をおこなう制作業者は、ほとんどがアルバム制作をおこなう業者と業務提携しており、撮影したデータをそのままアルバム加工するサービスを行っています。
ゼクシィのアンケート調査では、結婚式やフォトウェディングを依頼する際に、フォトウェディングでは49.9%がアルバム制作も追加で依頼しているという結果になっています。

生花ブーケ&ブートニアのアップグレード料金相場:2万円~5万円

ブーケはプラン内に造花ブーケがついていることがほとんどですが、撮影場所やチャペルの雰囲気やドレスに合わせ、さまざまなラインナップの中から生花ブーケへアップグレードが可能なオプションもあります。追加料金の相場は2万円~5万円程度です。

ベビーシッター料金相場:2万円~3万円

ファミリーフォトウェディングなど小さな子どもを連れての撮影の場合、両親のヘアメイクや仕度中、ふたりきりの撮影の際に、子どもを見ていてくれる人が必要になります。そのため、誰か同行者をお願いする必要があるのですが、同行が難しい沖縄などのリゾート地での撮影の場合は、ベビーシッターをオプションで依頼します。

衣裳持ち込み料金相場:3万円~5万円

衣裳のスタジオ持ち込みには費用がかかるケースが多く、衣裳の保障料金として3万円~5万円かかる場合があります。事前に問い合わせが必要です。

挙式料金相場:6万円~10万円

チャペルや結婚式会場などのフォトウェディングプランを申し込む場合、撮影とともに、立会人(牧師)やBGMなどを用意して、シンプルな挙式セレモニーを執り行うオプションを用意するサービスも増加しています。一般的な結婚式の挙式料金と比べると格安な価格となっており、希望すれば両親や友人などの参列も可能な場合もあります。

フォトウェディングや結婚式前撮りの費用を節約する基本的な方法

フォトウェディングや結婚式前撮りの費用を節約する基本的な方法

Elnur – stock.adobe.com

フォトウェディングの費用を安くしたい、できるだけ格安の料金でおさめたい場合には、次のような方法をとることがおすすめです。

・スタジオ撮影を選ぶ
・衣装は洋装を選ぶ
・衣裳はアップグレードせずプラン内で選ぶ
・平日限定の撮影を選ぶ
・オフシーズン、または特典期間中を確認する
・予約が直近、または日取り限定プランを選ぶ
・データが必要かどうか判断する

スタジオ撮影にする。衣裳は洋装にする

ロケーション撮影はスタジオ撮影より相場が高いため、スタジオ撮影を選ぶとそれだけで節約になるでしょう。また、新郎新婦の衣裳レンタルも和装に比べ洋装のほうが、レンタル料金が安いことがほとんどです。プランを比較する際の参考にしてください。

衣裳はプラン内のみのランク、着用数にする

衣裳をプラン外の着用枚数を追加したりグレードアップすると、追加料金がかかるか、プラン適応外になることもあります。節約を考えた場合は、追加料金やランクアップ料金を契約前に確認しておきましょう。

平日に撮影する

スタジオ撮影、ロケーション撮影ともに、土日は割増し料金になっていることがほとんどです。できれば平日に日程を調整して予約しましょう。それだけで1~2万円の節約になります。

オフシーズン、直前割など特典期間を利用する

オフシーズンには特典や割引期間を設けているスタジオや業者がほとんどです。プラン自体の料金が割引になっていたり、通常料金で衣裳がランクアップできる、アルバム制作がサービスになるなど、嬉しい特典が多くついている場合があります。
また、撮影日が1週間~1カ月以内に検討できる場合は、期間限定の直前割引きを設けているスタジオも多いのです。

撮影時間内に収める

プラン内でおさまるよう、撮りたいポーズやイメージなどを厳選してカメラマンに伝える工夫をしている人が多いようです。事前にポーズやカットの指示書を作成し、カメラマンにイメージを分かりやすくしておくことができます。

持ち込み範囲を確認する

現在フォトウェディングや前撮りが可能なスタジオでは、衣裳以外の小物やアクセサリーの持ち込みが許されていることが多いのですが、まれに持ち込み不可で、小物にレンタル料がかかる場合もあります。バリエーション豊かな撮影には小物やアクセサリーが欠かせないため、持ち込み範囲は必ず確認し、自分で用意できるものは用意しておきましょう。

データを買い上げて自分でアルバムその他を作成する

オプションでアルバム制作を依頼すると、かなり料金がかかる場合が多いため、全データを買い上げてアルバムは自分でフォトブックを制作する、というカップルも多いようです。フォトブック制作を他の安い業者に依頼すると、紙質などはアルバムに劣るもののかなりの節約が可能です。また、フォトショップなど専用ソフトを使って自作するという方法もあります。

アルバムなどにこだわりがなければデータを買い取る必要はない

アルバムにこだわりがなければ、特にデータを買い取る必要はありません。基本プラン内の格安料金での撮影でも、ヘアメイクと衣裳の着付けをして、丁寧に通常カット数を撮影してくれ、撮影時間いっぱいその中から出来上がりに納得がいくものを選んで台紙にして渡してくれます。

フォトウェディングや結婚式前撮りの費用をこだわりながら節約する方法

フォトウェディングや結婚式前撮りの費用をこだわりながら節約する方法

Aycatcher – stock.adobe.com

上記の方法はフォトウェディングの元々安いプラン料金からオプションを節約する方法ですが、それでは基本プラン以外は何もこだわれない撮影内容になってしまいます。
できるだけこだわりも追及しながら、サービス内容を検討するための方法を解説します。

最初からデータ付きプランを選んだ方がお得なことが多い

撮影データはいらない、という方も中にはいますが、アルバムを作ったり報告はがきを作ったり、何より思い出を残すためにデータの重要度はとても高いはず。そのため、できればデータが最初から含まれているプランを選択したほうが、後からデータ買取を選ぶより料金は安く節約できることがほとんどです。

衣裳はランクアップしないと選べない。事前に着用したいドレスの種類と値段を確認

衣裳をきちんと管理、サイズ展開しているスタジオは、クオリティの高い衣裳を選ぶ際には追加料金が発生することがほとんどです。できれば下見や打ち合わせの前に、ドレスの種類や値段をしっかり確認してから試着したほうが良いでしょう。
最近では、問い合わせれば価格やドレス種類を送ってくれるスタジオも多いのです。
「ドレス着放題」「ドレス種類豊富」のプランは注意が必要です。もともとプラン料金がドレスオプション込みで設定されているため、通常プランより高くなっているので、自分がランクの低いのドレスを選んだ場合、実は料金が高くなってしまうケースも。
また、ドレス種類豊富のフレーズは、種類は豊富でもサイズ展開がないことも多く、事前にしっかり確認をとりましょう。

カメラマンは指名できるスタジオもある

カメラマンは基本的に何も言わなければスタジオ側がチョイスするのが一般的ですが、最近ではスタジオ所属のカメラマンであれば、系列店からも指名可能なスタジオも増えています。
撮った以前の写真や、撮影内容を確認して指名を相談するのもプラン内で満足度の高い撮影を可能にします。

アルバム制作依頼かフォトブックを自主制作かは使う用途で決定を

最近はデータのみ買取し、格安料金で制作できるフォトブックを他社に依頼するケースも増加していますが、フォトブックの制作は編集を自分でやる必要があるため、制作期間に2週間~1カ月ほど時間を割く必要があります。そのため「後でアルバムを作ろう」と考えても、そのままになってしまっているケースも多いようです。
また、印刷の画質や紙質はアルバムの方がクオリティが高いため、両親への記念品としてプレゼントする場合や、ふたりの記念として残したい場合には、高額ではあるもののアルバムを選択する方が後々良い場合もあります。

まとめ

フォトウェディングのサービス内容をよく知ったうえで検討すれば節約も安いプラン料金の計画も可能に

フォトウェディングや結婚式前撮りは、もともと結婚式よりも安い費用で結婚式衣裳と撮影を楽しむことができますが、シーズンや条件によってはさらに格安料金で節約も可能です。安い料金設定には理由がありますが、二人の希望に必要なサービスをしっかり確認してプランを探せば、楽しい思い出をつくりながら節約も可能です。ぜひ参考にして、プランを探してみてくださいね。

関連する式場

Ushers' Photo 東京・新宿フォトスタジオ

Ushers’ Photo 東京・新宿フォトスタジオ

東京・新宿でフォトウェディングを撮るならUshers' Photo 東京・新宿フォトスタジオ!フォトウェディング、結婚式の前撮り、 後撮り、ロケーションフォト、どんなシーンでもおふたりらしい特別な一枚を残せます。

横浜ベイフォトスタジオ

Ushers’ Photo 横浜ベイフォトスタジオ

バリエーション豊富なスタジオ・光差すチャペル・伝統のある神殿”。おふたりの素敵な想い出をお届けします。

Ushers' Photo 福岡フォトスタジオ

Ushers’ Photo 福岡フォトスタジオ

福岡でフォトウェディングを撮るならUshers' Photo 福岡フォトスタジオ!フォトウェディング、結婚式の前撮り、 後撮り、ロケーションフォト、どんなシーンでもおふたりらしい特別な一枚を残せます。

京都フォトスタジオ

Ushers’ Photo 京都フォトスタジオ

京都フォトスタジオでは、国内ロケーションフォトプラン、スタジオフォトプラン、チャペルフォトプランをお取り扱いしてます。ワタベ創業の地、京都ならではの豊富な衣裳から、スタジオ&ロケーションフォトまで素敵なお写真を撮影いたします。前撮り・後撮り・フォトウェディングを最高の想い出に…

名古屋フォトウェディング

Ushers’ Photo 名古屋フォトスタジオ

愛知にある名古屋フォトスタジオ Ushers’ Photo 名古屋フォトスタジオ店。フォトウェディングや前撮りを検討しているおふたりのために多数のプランを取り揃えています。愛知でフォトウェディング・前撮りをお探しの方は名古屋フォトスタジオまで是非お越しください。

大阪フォトスタジオ

Ushers’ Photo 大阪フォトスタジオ

大阪フォトスタジオでフォトウェディング撮るなら【Ushers' Photo】バリエーション豊富な撮影ができるオリジナルスタジオです。大阪で人気の撮影スポットでウェディングフォト撮影が可能です。

札幌フォトスタジオ

Ushers’ Photo 札幌フォトスタジオ

札幌フォトスタジオでフォトウェディング撮るなら【Ushers' Photo】和装もドレスもお気に入りの衣裳で撮影ができるオリジナルスタジオです。北海道で人気のロケーションスポットでウェディングフォト撮影が叶います。

Ushers’ Photo 東京・芝公園フォトスタジオ

Ushers’ Photo 東京・芝公園フォトスタジオ

東京・港区・芝公園でフォトウェディングを撮るならUshers' Photo 東京・芝公園フォトスタジオ!前撮り・後撮りからフォトウェディングまで、人気のロケーションフォトが叶います。

東京・目黒フォトスタジオ

Ushers’ Photo 目黒フォトスタジオ

目黒フォトスタジオでフォトウェディング撮るなら【Ushers' Photo】フォトスタジオでおふたりの写真を撮りたい、前撮りでフォトスタジオを探している方のために目黒フォトスタジオをご紹介します。

この記事のライター

結婚式準備.com編集部

結婚式準備.com編集部です。結婚式の準備で悩むプレ花嫁を応援する記事を書いていきます。

関連する記事