【沖縄離島で憧れのリゾ婚2】宮古島&石垣島ウェディングの魅力を徹底比較!リゾ婚計画で注意することは?~リゾートウェディングのプロに聞きました~

世界屈指の透明度を誇る美しい海が堪能できる宮古島。日本で南十字星の美しさを鑑賞できる石垣島。どちらも国内で未だに手つかずの美しい自然が残る夢のようなリゾート地です。大切な人と、永遠に色褪せない美しい願いを叶えるための結婚式を計画をしませんか?いま最も注目されているリゾ婚スポットで結婚式を計画するために知っておきたい大切なポイントを、ウェディングのスペシャリスト・菅原唯さんに詳しく教えて頂きました。

この記事のINDEX

宮古島&石垣島の三大人気チャペルの魅力比較はこちらから

【沖縄離島で憧れのリゾ婚】宮古島&石垣島の3大人気チャペルの魅力を徹底比較!

お話してくれたひと

お話してくれたひと

菅原 唯さん

新卒で株式会社ディアーズ・ブレインに入社。ウェディング業界のキャリアは8年目。
国内のウェディングプランナーとして、宇都宮にある「ヒルズスイーツ宇都宮ブリーズテラス」、千葉にある「THE MEETS MARINA TERRACE(ザ・ミーツ マリーナテラス)」で5年間経験を積み、その後グループ会社であるワタベウェディング株式会社にて、海外・国内のリゾート挙式に携わりました。国内での地元婚とリゾート挙式のどちらのプロデュースも経験してきたからこそ、「結婚式のかたちはひとつじゃない、自分たちに合った結婚式がある」ということを1組でも多くのお客様に伝える事をモットーに、日々お客様と接しています。

リゾ婚人気急上昇!沖縄の離島『宮古島』『石垣島』ってどんな場所?

── 最近、沖縄の離島である宮古島や石垣島などの観光やリゾートが注目され、さまざまな特集記事をよく目にします。今までリゾ婚で人気であった国内外の人気リゾート地と比べ離島にはどのような魅力があるのでしょうか?

菅原さん:沖縄は大小160島、49の有人島と多数の無人島で成り立っています。その中でも一番大きくて人口も多く、観光地として最も発展しているのが沖縄本島になります。
沖縄本島は観光地として早い段階から開発が進んでいたため、一度は行ったことがあるという方も多いでしょう。一方で離島である宮古島、石垣島は最近注目されたリゾート地であるため、結婚されるおふたりも参列されるゲストの方も、初めて行かれるという方がとても多い場所なんです。

沖縄離島で憧れのリゾ婚

菅原さん:宮古島、石垣島では、まだ見たことがない、経験したことがない、特別な風景と体験が得られる場所です。どちらの島も未だ手つかずの豊かな自然と美しい景色が広がっています。また、地理的に日本でここでしか見られないという自然や名所もたくさんあります。沖縄本島とは異なる環境や、日本国内でも稀有な風景を楽しむことができるのです。
「人生で大切なウェディングを、忘れられない特別な思い出が作れる場所で行いたい」とお考えのおふたりには、ぜひおすすめしたい場所です。

宮古島とはどんな島?観光地やフォトツアースポットを紹介

宮古島は沖縄本島から宮古海峡を経て南西に約290kmに位置する島で、周囲には宮古群島と呼ばれる大小8つの島があります。そのうちの池間島、来間島、伊良部島とは、それぞれ池間大橋、来間大橋、伊良部大橋で結ばれており、橋から美しい海を眺める絶景のドライブスポットになっています。
島全体がサンゴ礁が隆起したできた島のため、おおむね平坦なのでサイクリングなどののんびりした移動も可能です。また、マングローブやガジュマルなど亜熱帯特有の草木が生い茂る未開発の深い緑を楽しむことができます。
宮古島の海は東洋一の透明度を誇る美しさで有名ですが、遠浅のサンゴ礁の白い砂が太陽光を反射することで『宮古ブルー』と呼ばれる、日本の海とは思えないエメラルドグリーンの色合いをぜひ堪能していただきたいです。

与那覇前浜ビーチ

与那覇前浜ビーチ

東洋一の白い砂浜として有名な宮古島屈指の美しいビーチで、対岸にある来間島と来間大橋を鑑賞できます。昼にきらめくエメラルドグリーンの海も感動しますが、オレンジ色に染まるサンセットタイムも絶景で人気のフォトスポットです。
全長7㎞のビーチは遠浅で、あまり大きな波が来ない静かな環境のため、初心者の方でも海でのアクティビティを安心して楽しんでいただけます。砂はキメが細かくサラサラとした砂が海中まで続いているので、はだしで宮古島の海の素晴らしさを体感することができますよ。

宮古諸島3大大橋めぐり

宮古諸島3大大橋めぐり

宮古島の周囲にある3つの離島、池間島・伊良部島・来間島をつなぐ『池間大橋・伊良部大橋・来間大橋』をめぐり、宮古島の海を鑑賞できるロマンティックなドライブコース。さまざまなツアーも組まれているので申し込みもおすすめです。
伊良部大橋は2015年に開通し、その長さはなんと3540m。無料で利用できる橋としては日本で一番の長さを誇ります。池間大橋は青からエメラルドグリーンへ変化する宮古島の海のグラデーションを鑑賞できる絶景スポット。来間大橋はふたつの島の間の海峡の流れの速さから常に海の水が循環しているので透明度がとても高く、青の色彩がとても豊かな風景を楽しめます。

シギラセブンマイルズリゾート

シギラセブンマイルズリゾート

およそ100万坪もの敷地を持つシギラセブンマイルズリゾートは、生涯リゾート『いつでも帰ってこられる場所』として島の魅力をたくさんの人に届けるべく開発された一大リゾートタウンです。
リゾート内には、ラグジュアリーからカジュアルまでタイプの違う7つのホテルと、大小合わせてさ20店舗以上あるまざまなジャンルのレストランがあります。レストランは宿泊先のホテルに関係なく利用可能です。
広大なゴルフコースやセグウェイ、ライブハウスなど、フィールドアクティビティも充実。ビーチではカヤックやシュノーケルなど、宮古島の海と自然を堪能できるアクティビティもすべて体験することが可能です。さらにリゾート内には露天風呂やスパ施設を揃えた天然温泉もあるので、旅と遊びの疲れを癒していただくことができます。

シギラミラージュ ベイサイドチャペル|挙式・結婚式・ウェディングなら【ワタベウェディング】シギラミラージュ ベイサイドチャペル|挙式・結婚式・ウェディングなら【ワタベウェディング】

石垣島とはどんな島?観光地やフォトツアースポットを紹介

石垣島は八重山諸島のひとつで、沖縄県内では沖縄本島・西表島に次いで3番目に大きい島になります。亜熱帯気候に属し、ハイビスカスやブーゲンビリアの色鮮やかなトロピカルフラワーが一年中咲いている美しい自然が溢れています。
石垣島で注目したいのはアクティビティの多さ。ダイビングやシュノーケリングが好きな方の間では以前から注目されている場所です。美しいサンゴ礁にマンタやウミガメが見られる世界有数の透明度を誇る海として人気を誇ります。
また、『日本一星空が美しい島』と言われており、全天88星座のうち84の星座が輝き、日本で唯一南十字星を鑑賞できる地域でもあります。
石垣島は八重山諸島の玄関口と呼ばれ、離島に行く拠点となる『石垣島離島ターミナル』があり、石垣島に滞在しながら離島めぐりを楽しむことができます。最近人気の竹富島はフェリーで約10分で行くことができ、3~4時間あれば観光も十分楽しんで頂けます。

川平湾

川平湾

「川平湾(かびらわん)」は、ミシュランで三ツ星を獲得した石垣島を代表する景勝地です。青から緑に変化する美しいグラデーションが鑑賞できる海と、周辺に点在する緑豊かな島々の織りなす絶景は日本百景にも選ばれています。泳ぐことはできませんが、船底がガラス張りの「グラスボート」に乗ってカラフルなトロピカルフィッシュや海底の珊瑚礁を観察することができます。また無人島に上陸できるツアーで探検気分を味わったり、無人島周辺でカヤック・シュノーケリングを楽しめます。

白保海岸

白保海岸

白保海岸は北半球最大で、最古のアオサンゴの大群落地として世界的にも有名な場所。新石垣空港から車で約10分、市街地から車で約25分とアクセスも良好です。沖合1kmほどの場所に、世界最大規模のサンゴ礁が広がり、世界的に貴重価値のあるアオサンゴの大群生地としても注目を浴びています。
まれに南米ボリビアのウユニ塩湖で見られるような水鏡の現象が起きることがあります。風の無い晴れた日はチャンスです。空と海の境界線が消えてひとつになる、神秘的な世界を見ることができるかもしれません。

竹富島

竹富島

竹富島は石垣島から最も近くにある離島で、石垣島にある離島ターミナルから石垣島から高速船で約10分~15分、1日の船の便数も19本(7月~9月は+2本)と多く、石垣島から日帰りで楽しめる抜群のロケーションです。島はさほど広くなく3~4時間あればレンタサイクルで島のあちこちを散策できます。
島は美しい砂浜と絵に描いたような昔ながらの沖縄の風景が広がっており、どこも素晴らしい観光とフォトのスポットです。
水牛車で赤瓦の屋根にシーサーが乗った家々とたくさんの花が咲き誇る白砂の道をのんびり観光したり、島の中心にある国指定の重要伝統的建物群保存地区で昔ながらの沖縄の集落景観を見ることができます。砂浜の美しさで人気のコンドイビーチは海水浴や星の砂探しでのんびり過ごせるでしょう。

クルデスール・チャペル|挙式・結婚式・ウェディングなら【ワタベウェディング】クルデスール・チャペル|挙式・結婚式・ウェディングなら【ワタベウェディング】

沖縄の離島『宮古島』『石垣島』のアクセスは?ゆったり過ごせるって本当?

── 宮古島や石垣島といった離島には、他の国内外にない観光面での魅力があることがとてもよくわかりました。この場所でリゾ婚を行う場合、どんなメリットや楽しい過ごし方ができるのでしょうか。

菅原さん:宮古島や石垣島をおふたりのリゾ婚の場所として選んだ場合、ぜひ満喫していただきたいポイントが大きくふたつ、『非日常な空間で楽しむウェディング』と『美しい自然に囲まれゆったり過ごせる島時間』になります。まずは宮古島や石垣島へのアクセス面や、島での過ごし方についてご説明したいと思います。

新空港&直行便で離島へのアクセスが良好に

── 『離島』という言葉を聞くと、未知の場所に訪れる期待にワクワクする反面、アクセス面に不安を覚える方も多いのではと思います。沖縄以外の場所からのアクセスはどのようになっているのでしょうか。

菅原さん:実は宮古島や石垣島がリゾート地として注目された理由に、新空港の開設や近年羽田・関空・名古屋から直行便が就航したというのも大きく影響しているんです。季節限定になりますが、福岡からも直行便がある場合もあります。
また、那覇空港からの乗り換え便も含めるとフライト数の選択肢が多くなりますし、那覇空港はさほど大きな空港ではないため、乗り換えの移動がとてもスムーズなんです。帰りのフライトを那覇経由にして、本島での観光もあわせて楽しむ方も多いんですよ。

石垣島 宮古島
日本からのアクセス 東京から直行便で約3時間
那覇から石垣島まで約1時間
東京から直行便で約2時間45分
那覇から宮古島まで約50分
旅行日程目安 2泊3日~3泊4日 2泊3日~3泊4日

※フライトの最新情報は航空会社のホームページ等でご確認ください。

空港からリゾートまでの距離も近い

── 空港からリゾート地までのアクセスはどうなっているのでしょうか。レンタカーが必要ですか?

菅原さん:宮古島のリゾート地は空港から10~20分圏内に広がっています。また、石垣島の市街地やリゾート地も空港から20分程度で到着できる場所にあるため、レンタカーやタクシーを利用して気軽にアクセスが可能です。
沖縄本島でいわゆるリゾート地と言われるエリアに行くまでには、車やタクシーで最低でも1時間の移動が必要になります。飛行機を直行便ではなく那覇経由を利用したとしても、空港からの移動時間を考えると、移動にさほど変わらないトータル時間になるのです。
また、宮古島、石垣島ともにタクシーが安く、空港からリゾートまでシャトルバスが運航しています。会社のお休みがれとないゲストの方など、短期滞在にならざるを得ない方でも、移動の不安なく滞在できるでしょう。

ゆったりとした島時間を大切な人と堪能できる

── 沖縄本島での観光はレンタカーでの長距離運転が必須で、空港でレンタルする必要がありますが、離島では車の運転ができないゲストを招待しても楽しんでもらえそうですね。

菅原さん:沖縄本島ですと有名な観光地に行くのに1~2時間のドライブが必要ですが、宮古島・石垣島はともにさほど大きな島ではないので、どの観光スポットに行くにもさほど時間はかかりません。また、タクシー料金も安いため、運転免許がない方でもタクシー利用で十分に観光を楽しむことができます。
沖縄本島と比較すると、離島での過ごし方で一番変わってくるのは移動時間がかからないこと。そのぶん、時間の使い方がゆったりしているということです。
3日から4日間の滞在日数で、時間に追われることなく日本のどこよりも美しい海と非日常な空間を、ゆったりした時間の中で過ごしていただくことができるでしょう。

リゾ婚での沖縄離島滞在スケジュール例

夕方~夜
1日目 ・飛行機に搭乗&出発 ・空港に到着
タクシーでリゾート内のホテルへ移動
・ウェディング最終打ち合わせ
・打合せ後、ゲストの方と挙式前夜のお食事や語らいを楽しむ
2日目 ・早朝より挙式のお仕度開始
・正午前から挙式セレモニー
・挙式後のフォト撮影
・ゲストの方々と会食パーティ
・ホテルやリゾート内、または離島の繁華街でゲストの方々と夜を満喫
3日~4日目 ・自由行動
おふたり、またはゲストの方たちとアクティビティや観光を楽しむ
・空港へ移動
・飛行機に搭乗し帰途

アラマンダ チャペル|挙式・結婚式・ウェディングなら【ワタベウェディング】アラマンダ チャペル|挙式・結婚式・ウェディングなら【ワタベウェディング】

沖縄の離島『宮古島』『石垣島』でのリゾ婚の演出や楽しみ方は?

沖縄の離島『宮古島』『石垣島』でのリゾ婚の演出や楽しみ方

── 沖縄の離島というロケーションをいかしたリゾ婚では、どんな挙式の時間を楽しむことができますか?気になるウェディングの内容や、おすすめの演出、ゲストとの楽しみ方を教えてください。

リゾート挙式ではどんな演出が楽しめる?

菅原さん:挙式を挙げられるチャペルにもよりますが、ブーケトスやフラワーシャワーといった、チャペルならではの人気演出や、バルーンリリースやバブルシャワーといった華やかでフォト映えのする演出も取り入れていただけます。またガーデンでの乾杯なども承っています。
それ以外に、各チャペルの特色を活かした演出やサービスも好評で、こちらはご相談カウンターなどでぜひご確認ください。一例を申しますと、宮古島のシギラミラージュ ベイサイドチャペルでは、離島では予約困難なオープンカーでのドライブ入場とフォト撮影があります。
アラマンダ チャペルでは、リゾ婚では珍しいおふたりの愛犬と一緒に挙式ができる『withdogプラン』もご用意しております。わんちゃんが指輪を運ぶリングドッグをはじめ、結婚証明書へ肉球サイン、一緒にフォト撮影、愛犬用ケーキのご用意などのプランを楽しんでいただけますよ。

ゲストとのお楽しみ、挙式後のパーティとお料理は?

菅原さん:挙式後の会食はオプションになりますが、各チャペルのあるリゾート内のテラス付きバンケットなどの解放的なロケーションで、離島の美しい風景を楽しみながらのお席を用意させていただきます。
宮古島や石垣島で獲れた厳選食材や、沖縄らしい食材をふんだんに使った料理を堪能したり、お酒が好きなゲストの方が多い場合は、名物オリオンビールの飲み放題でとこんと沖縄の美酒を楽しんでいただくのもおすすめです。

リゾ婚の醍醐味、フォトツアーの楽しみ方は?

菅原さん:離島の良さは、どのフォトスポットまでの移動も時間がさほどかからないため、おふたりが希望するロケーションでの撮影を、ほぼ叶えることができるでしょう。
日本有数の美しい海や離島の豊かな緑、リゾート内でのラグジュアリーな非日常空間を背景に、観光を兼ねた楽しい撮影をゆったりと満喫できます。

離島のリゾートでの家族やゲストとの過ごし方は?

菅原さん:宮古島のリゾートはとても広大でアクティビティも充実しています。滞在期間をすべてホテルの中、リゾートの中だけで、ご家族やゲストの方とゆっくり過ごすことが十分に可能です。
例えば、挙式前日は両家それぞれ別々のレストランで水入らずのお食事、挙式日の夜はライブダイニングでご友人と盛り上がり、最後の夜はお二人で少しおしゃれをしてディナーを楽しむ…と、一緒に過ごされる方に合わせて食事のロケーションを選んで楽しんでいただけます。
因みに、ライブハウスは親御様世代にも喜んでいただけるような音楽も演奏されています。
リゾート内には無料の巡回シャトルが運行していますので、レンタカー要らずでお気軽に移動できるのもポイントです。
一方の石垣島は宮古島とは対照的に、沖縄で一番高い山があるなど海も山もアクティブなレジャーが大いに楽しめる場所です。海ではダイビングやシュノーケル、山ではトレッキングや八重山諸島固有の動物ウォッチングや鍾乳洞探検、その他に南十字星が唯一見られる『日本一の星空』を鑑賞したりフォトにおさめたりするツアーなども楽しんでいただけます。

シギラミラージュ ベイサイドチャペル|挙式・結婚式・ウェディングなら【ワタベウェディング】シギラミラージュ ベイサイドチャペル|挙式・結婚式・ウェディングなら【ワタベウェディング】

沖縄の離島『宮古島』『石垣島』でのリゾ婚のゲスト数は?費用やお車代は?

── 離島でのリゾ婚は何名くらいゲストを招待されるものでしょうか?費用面についても気になります。

リゾ婚に招待するゲストの人数は?

沖縄の離島『宮古島』『石垣島』でのリゾ婚の演出

菅原さん:リゾ婚はリゾート地で行うウェディングのためお住いの場所から旅費がかかる遠方になる為、招待ゲストは本当に親しい方や大切な方、ご家族のみの少人数に絞られる方が多いことが特徴です。もちろん、中には50人以上を招待されるといった方もいらっしゃいますよ。
また、おふたりの考え方によって招待範囲も大きく異なるのが特徴です。おふたりきりの結婚式で思い出を作られる方、親御様のみ招待される場合は4名から6名程度のゲスト数になるでしょう。ご家族やごく親しいご友人を招待される場合は、20名くらいで実施される方が多いですよ。

リゾ婚の基本的な費用は?

菅原さん:まず、リゾ婚を行ううえで最低限必要な費用は、『旅費(宿泊、フライト)+挙式(挙式、衣裳、ヘアメイク)』です。リゾ婚のWEBサイトやパンフレットに掲載されている費用は、挙式のみの費用ですので、希望する地域の旅費も考慮に入れる必要があります。
それから、挙式後にゲストの方やおふたりで行うアフターパーティはオプションになるため、一般的に表示されているプラン料金内には含まれていないことが多いでしょう。
会食をご希望の場合の費用は、会場の使用料金、おふたりを含む会食参加人数×御飲食料金、サービス料金などがかかります。

リゾ婚で気になるゲストへのお車代は? みんなはどうしてる?

菅原さん:リゾ婚に招待するゲストの方は交通費や宿泊代が必要になるため、基本的に『ご祝儀は受け取らない』スタイルを選択される方が多いでしょう。そのかわり『お車代』と言われるゲストの方々の旅費と交通費は、ゲスト自身が全額負担することが多いのです。
ゼクシィのリゾ婚のアンケート調査では、ゲストのお車代を全額ではなくとも一部負担すると答えた方の割合も高くなっています。一概にいくら、とは申し上げづらいのですが、5万円程度の負担を目安にされる方が多い傾向です。
また、親御様に親孝行したいという理由からでリゾ婚を選択される方も多いため、親御様の旅費は全額負担する、というおふたりも多いようです。

リゾ婚でその他に必要な費用や、費用を抑えるポイントは?

菅原さん:リゾ婚でそのほかに必要な費用として、お土産代や観光やアクティビティのためのお金は見積もっておきたいですね。せっかくの大自然とリゾートを、新婚旅行も兼ねて思い切り満喫していただきたいです。
リゾ婚全体の費用を抑えたいと考える方には、挙式費用ではなく『旅費を抑える』方法がおすすめです。挙式費用は一年どのシーズンでもさほど変わらないため、リゾ婚費用でも大きな割合を占める旅費を抑えることが、効果的に費用を軽減できると考えられます。
特に観光のハイシーズンとオフシーズンでは、航空料金と宿泊料金共に大きな違いがあるため、よく調べておく必要があるでしょう。早割(早めに旅行を予約することで受けられる割引サービス)を利用するために、早めの計画もおすすめです。

沖縄の離島『宮古島』『石垣島』でのリゾ婚の打ち合わせポイントは?

── リゾ婚を計画するときパートナーの方と何から話し合ったらいいかわからない、という声をよく聞きます。どのような点を気をつけると、リゾ婚カウンターでの相談や打ち合わせがスムーズになりますか?

リゾ婚の打合せ

相談前にふたりで決めておきたいことは?

菅原さん:何もわからない状態でお気軽にご相談へのお申込みも、もちろん、大歓迎です。ただ、できるだけ早く具体的なリゾ婚の計画や打ち合わせを進めていきたい方や、短期間で準備を終わらせたい方には、先にゲストの都合をしっかり抑えた上でお打ち合せにお越しとスムーズです。
特に離島の人気の会場は、会場や飛行機の直行便の空き状況がどんどん変わってくるので、以下の点をぜひ確認していただきたいです。

リゾ婚のお打ち合わせ前におふたりで確認しておきたいポイント

・招待したいゲスト数を二人で話し合う
・ゲストがどこから来るかを確認。直行便があるかどうかを確認する際に必要
・家族には事前にリゾート挙式を考えていることを相談しておく
・家族や招待したいゲストに連休がとれない時期を確認しておく

以上の点が事前に確認がとれていると、結婚式の会場の打ち合わせしながら、離島までの直行便の空き状況を見て予約をとることができます。同時に旅行手配もができるので手間がかからず安心して準備を進めることができます。

宮古島、石垣島のベストシーズンと穴場のシーズンは?

菅原さん:沖縄や離島へのリゾ婚を計画される上で、特に注意していただきたいのが時期と天気です。基本的に沖縄地方は、梅雨、台風以外のシーズンは過ごしやすい気候ですので、選択できる時期は長くなっています。
また、オフシーズンを選択した場合、離島で観光が楽しめるかを心配される方もいらっしゃいますが、ホテルやリゾート内でのレストランやアクティビティは通年ご利用が可能ですので、十分楽しんでいただけるでしょう。
沖縄離島のベストシーズンは梅雨と台風の時期を除いた4月から11月と長くなっています。特に4月と11月、GW前が気候も天候も期待できるベストシーズンです。
ベストシーズン以外の季節のおすすめポイントとしては、人が少なく暑すぎない過ごしやすい点が挙げられます。また、旅費がベストシーズンと比較するとかなり変わってきます。穴場のシーズンとして梅雨前と梅雨明けの時期、6月頭と7月頭がねらい目です。

宮古島&石垣島のリゾ婚を知るなら相談フェアやオンライン資料請求がおすすめ

宮古島&石垣島のリゾ婚を知るなら相談フェアやオンライン資料請求がおすすめ

chachamal – stock.adobe.com

── 菅原さんの具体的なお話を聞いて、離島でのリゾ婚について、費用やスケジュール面などもっと詳しいことを知りたい場合や、具体的にプランを進めていくことを検討したい場合には、どのような相談方法があるのでしょうか。

菅原さん:まずはおふたりやご家族でチャペルやプランの情報を共有したい場合や、じっくり時間をかけて検討したい場合には、資料請求がおすすめです。お問い合わせ後すぐに冊子をお送りさせていただきます。挙式の様子や滞在リゾート地、ウェディング当日のスケジュールなどをカラフルなフォトと共に、詳しく見ていただくことができます。

資料請求はこちらから

また、今すぐ資料がほしい!という方には、国内外のおすすめエリアや人気シーズンなど、リゾ婚の魅力と必要な情報がわかるデジタルパンフレット『リゾ婚マニュアル』をダウンロードしていただくことができます。こちらはメールアドレス登録していただくだけで利用可能です。

『リゾ婚マニュアル』デジタルパンフレットのダウンロードをご希望の方はこちらから

── 資料やパンフレットだけでは物足りない方や、もっと詳しい情報を収集したい方のために、リゾ婚のブライダルフェアもあるんですね。

菅原さん:はい、海外・国内の人気リゾートエリアをご紹介したり、先輩カップルの実際の見積りをご覧になって参考にしたり、ホームページではご紹介しきれない先輩カップルの写真やムービーが見られるので、実際にどのようなウェディングが行えるのか、とてもわかりやすいと思います。またブライダルフェアに参加していただくことで、さまざまな特典もご用意がございます。

全国の店舗で開催中のブライダルフェアはこちら

── リゾ婚に申し込みたい場合は、来店して相談したほうがよいでしょうか?

リゾ婚に申し込み

挙式・結婚式・ リゾート ウェディングなら【ワタベウェディング】

菅原さん:はい。細かいご相談やカスタマイズされたお見積りをご希望の方は、ご来店予約の上、ワタベウェディング直営店でぜひご相談ください。先輩カップルのお写真やムービーを見ながら、おふたりにぴったりのウェディングプランをご提案させていただきます。

ご来店予約はこちら

菅原さん:様々なご事情でご来店が難しい方や、お近くに直営店がない方は、「リゾ婚オンラインカウンター」でのご相談をおすすめさせていただきます。

── オンラインというと、どのような相談方法が可能なのですか?

菅原さん:お問い合わせをいただいた後に、電話、メール、テレビ電話など、お客様はご自宅にご在宅のまま、お客様のご都合に合わせた方法で、リゾ婚やご旅行のご相談をさせていただくことができます。オンラインでお打ち合わせからプランのお申込みまで、すべて完結することが可能です。
もちろん、来店の際にみていただく資料や画像も、メールやオンラインですべて同じものをお送りさせていただきます。またご希望があれば、途中から対面でのお打ち合わせに変更していただくこともできますよ。

── オンラインでの相談は時間も手間も大きく省くことができるので、とても魅力的ですね。メールやオンラインではきちんと伝わっているだろうか…と不安になった時など、直接の対話を希望するなら途中から対面での打ち合わせに変更できるということも分かっていると安心ですね。

菅原さん:いきなりのご相談予約はハードルが高い…という方には、お申込みの前に「チャットオペレーター」にチャット形式で相談をする、という方法もございます。まずはお気軽に、どんな小さな疑問でも投げかけていただきたいです。

WEB相談予約、チャットオペレーターへのご相談はこちらから

── 菅原さん、魅力的な沖縄離島の魅力的なチャペルのお話をくわしく教えていただき、本当にありがとうございました。次回は、菅原さんに離島でのウェディングの魅力や計画の際に知っておきたいことなどを詳しく教えていただきたいと思います。菅原さん、また宜しくお願いいたします。

ご成約をいただきましたお客様に「2大特典」をプレゼント!

#gotoリゾ婚プロジェクト|挙式・結婚式・ リゾート ウェディングなら【ワタベウェディング】

宮古島&石垣島の三大人気チャペルの魅力比較はこちらから

【沖縄離島で憧れのリゾ婚】宮古島&石垣島の3大人気チャペルの魅力を徹底比較!

関連する式場

シギラミラージュ ベイサイドチャペル

シギラミラージュ ベイサイドチャペル

宮古島の海・光・空・花々に囲まれた シギラリゾートで花嫁の憧れすべてを叶えるウェディング

沖縄 宮古島 アラマンダ チャペル

アラマンダ チャペル

ガーデンの花々と海が彩るプレミアムな楽園 華麗なステンドグラスの独立型チャペルで誓いを

沖縄 石垣島 クルデスール・チャペル

クルデスール・チャペル

砂浜から海へと続く景色をイメージした琉球ガラスのバージンロードが美しく輝くチャペル

この記事のライター

結婚式準備.com編集部

結婚式準備.com編集部です。結婚式の準備で悩むプレ花嫁を応援する記事を書いていきます。

関連する記事

Browsing History閲覧履歴

閲覧履歴はありません